コンテンツへスキップ

前回コロナウィルスの感染源と予防の話をしました。

感染した時にペット伝染らないのか心配な方にペットへの対応などを話たしと思います。

より理解を深める為に少しインフルエンザについ交えて話します。

コロナウィルスとコウモリとサンゼンコウ

ウィルスが感染するためにはウィルがもつ特有の鍵で宿主となる細胞の鍵穴と一致する必要があります。

インフルエンザウィルスは元々鳥が宿主でそのウィルスが持つ鍵はヒトの鍵穴には使えません。

そのため鳥インフルエンザウィルスはヒトには感染しづらいのです。

しかし、豚はヒトの鍵穴(ガラクトースと α2,6 結合したシアル酸をレセプター)と鳥の鍵穴(ガラクトースと α2,3 結合したシアル酸をレセプター)を持っているので豚を介してヒトへ感染できる鍵を獲得するわけです。

この時の豚を中間宿主と言います。

MERSコロナウィルスの時はラクダが、SRRSはハクビシンが中間宿主でした。
今回のSARS2(敢えてこのように呼ぶ)も中間宿主の存在が疑われています。

候補に上がっているのがサンゼンコウ(英語でパンゴリン)と言う動物です。(参照

<NATIONAL GEOGRAPHIC>

世界中で最も取引された動物のため絶滅危惧種になったこのサンゼンコウは武漢の市場で販売されていたようです。

コウモリの尿や血液に触れたのではと言う専門家もいますが、中間宿主の存在の可能性は高いわけです。

コロナウィルスとペット

ここで分かる事は、鍵穴を持っていない動物には感染しようがないと言うことです。


画像はCDCより

現時点で、ペットなどの動物がCOVID-19を患ったという報告を受けていません。

ペットを含めた伴侶動物がCOVID-19を患い広めた証拠はありませんが、他の病気をヒトに移す可能性があるので、「動物の近くにいた後はいつも手洗い」の概念を持つのが良いでしょう。

CDCでは、ペット自身が感染源になった報告をゼロとしています。
つまり現段階ではペットは鍵穴を持っていないと考えられます。
しかし免疫力が低下した人には普段感染しないような病原体から身を守る術として手洗いの習慣が功を奏するでしょう。

ペットから移される心配は低いようです。

逆に自分がSARS2に感染した時にペットに移す心配はどうでしょう。

COVID-19に関するより多くの情報が得られるまでは動物との接触を制限することをおすすめします。

可能であれば、家族の誰かに動物の世話をしてもらってください。

COVID-19に感染している場合は、なでる、抱きつく、キスする、舐めらる、食べ物を分け合えるなど、ペットとの接触を避けてください。

病気でもペットの世話が必要な時は、ペットとの接触前後に手を洗い、フェイスマスクをして下さい。

ペットが感染すると言う情報はゼロですが、可能性はゼロではないのではっきりしたことが分かるまでは対策しましょうと言うことですね。

なぜならコロナウィルスはラクダ、ウシ、ネコ、イヌ、コウモリなど様々な動物に共通する大きなファミリーであるため、絶対にかからないとは言えないからです(鍵の形が違うだけ)。

しかし、牛を常食とする人間が、牛のコロナにかかったと言う話は聞いたことがないので、コウモリやラクダは特殊なのかもしれないですね。

因みにハクビシンは猫科ですね。




この記事が良かったと思った方、画面上に出ているSNSボタンで応援していたでけると嬉しいです😆😆😆

今回はCDCの情報を主な参考とし、新型コロナウィルスに関して特集したいと思います。

コロナウィルスの感染源

感染源と書きましたが、そもそもの発生源は何か?に触れたいと思います。

みなさんも動物だということはなんとなく知っていると思います。

CDCのホームページにはこうあります。

SARS-CoV-2ウィルスは、MERS-CoVとSARS-CoVと同じベータコロナウィルスであり、いずれもコウモリを起源としている。

SARS-CoV-2ウィルスとは今回新型ウィルスにつけられた名前です。
このウィルえを起因とした疾患をCOVID-2019と呼びます。(coronavirus disease 2019
簡単に言えばSARS2で、未来の我々は新型コロナとは言わないでSARS2もしくはSARS2019と呼ぶことになると思います。

90%コウモリであるということは他の専門家も言及しています。(NBC

食用(と言っても捕まえたモノだと思います)のコウモリを屠殺した時の血液や尿のついた手で口か鼻を触ったのではないかと推察されています。

コロナウィルスの感染経路

ヒト-ヒト感染と考えられています。
6フィート(約2メートル弱)以内の密接な関係の人。
その人が感染者の場合に咳やくしゃみで生じた飛沫があなたの口や鼻に付着したり肺に吸い込まれることがあります。

つまり、今感染している人は、感染者の飛沫を呼吸器で浴びているわけです。
これを飛沫感染と言いますが、エアロゾル感染も疑われています。
密接な関係で感染する重い飛沫ではなく軽い飛沫は空気の流れによって教室内なら教壇から後ろの席まで届きます。

また、

ウィルスが付着した表面や物体に触れ、目や口、鼻にふれることで感染するケースもありますが、主な感染経路とは考えられていません。

主な感染経路は感染者との密接な接触なのです。

因みに飛沫を可視化した動画を紹介しておきます。


<ライオン公式>
これを見ると低い位置にいるお子さんやお年寄りの方がそもそも飛沫を浴びる可能性が高い言えそうです。

コロナウィルスの潜伏期間

CDCでは現時点で暴露後2日以内~最長14日を潜伏期間としています。

つまりウィルスに感染してから2日でも発症する人がいると考えているようです。
これはMERS-CoVの潜伏期間に基づいています。

コロナウィルスの感染症状

発熱、咳、呼吸困難。

この他に下痢や嘔吐なども言われています。

コロナウィルスの感染予防対策

皆さんこれが一番心配でしょう?

新薬の認証もワクチンもありません!

・病気の人との接触を避ける。

・目や鼻口に触れない。

・病気の時は家にいる。

・咳やくしゃみはティッシュで隠して、そのティッシュをゴミ箱に捨てる。

つまりティッシュとゴミ袋(買い物袋など)を持ち歩きなさいと言うことですね。

触れたモノや表面をアルコール60~95%含有の消毒液で頻繁に消毒しなさい。

マスクの正しい使い方

マスクはつければ良い言う発想はやめましょう。
取り扱いが大事です。
市販のマスクを再使用する人がいますが、使い捨てなので再使用はやめて下さい。


<WHO公式>

ただしい付け方。

金具帯を折り曲げて鼻のブリッジにかけます。
耳の周りにゴムを固定します。
鼻から顎まで隠します。
使用中はマスクの表面には触らないでください!

正しい外し方。

耳の後方から外します。
マスクの票目には触らないで下さい!

正しい捨て方。

はずしたらそのまま蓋のついたゴミ箱に捨ててください!

アルコールや石鹸で水洗などで手を清潔に保ちましょう。
たまたまであってもマスク使用中にマスク表面に触れてしまったら手指衛生を実施したほうが良いです!
もしマスクが湿ったら新しいものと交換しましょう!

ウィルスの大きさは確かにマスク繊維の隙間よりはるかに小さいのでウィルスはマスクを素通りします。

しかしウィルスは通常飛沫に含まれますので、飛沫のブロックは少なくともウィルスが広がる範囲は狭まります。

逆に飛沫核(唾液にくるまれていないウィルスそのもの)が飛んで来た場合には素通りしますが、繊維でストップする可能性もあるので、感染する確率もマスクがあるとないでは違うと思います。

次回もあります!



この記事が良かったと思った方、画面上に出ているSNSボタンで応援していたでけると嬉しいです😆😆😆