コンテンツへスキップ

眼科の検査とスタッフ事情【あなたも知らない!】

Spread the love

実はあまりよく知られていない眼下の事情。

初めての眼科受診をする方だけでなく眼科の検査や診察でやっているコトを知りたいあなたも大歓迎です。

気球が見える検査機器って何をするもの?

風や空気を目に当てる検査機器は何を調べてる?

検査員って何か資格があるの?

眼科のスタッフってどんな資格をもった人がいるの?

コンタクトの検査の種類ってどれくらいある?

こんな疑問にお答えします。


スポンサードリンク




気球が見える検査機器

検査機器でデータを取る

名前を呼ばれたらまず視力検査をしないといけないので、そのためのデータを専用の検査機器で測定します。

これはレフラクトケラトメーターと言う器械です。

痛くも痒くもありません。器械の中を覗くだけです。

あなたの目が近視か遠視か、また近視の強さ、遠視の強さ、乱視の強さを計っています。

同時に角膜(目の表面)のカーブが分かります。

これを基にして視力の矯正に使うレンズの度数とコンタクトレンズのカーブを選択します。

もっとも視力矯正はこの器械でデータを測定しなくても出来ます。

この器械でデータを取る事を他覚検査(客観的な検査)と言い、あなたが右とか左とか言って答える検査を自覚検査(自覚的な検査)と言います。

あくまでも目安を知るだけです。遠視の強い人は全くあてにならない事があります。

中を覗くと気球の絵が見えます。赤い屋根の家が見える器械もあります

画像がはっきり見えたりボヤけたりしますが、心配は要りません。

ものすごく稀ですが、はっきりしました、ボヤけましたと言う人がいます。

言わなくて結構です。顔が動くので測定に時間がかかります。

特殊な検査器具を使った視力検査

視力検査

視力検査ではこのように、かけ枠と言うを検査器具をかけて行います。

これはフォロプターと呼ばれる器械です。

器械の中にはレンズが搭載されていて検査する人が手動でレンズを交換します。

こちらはリモコンで操作するタイプです。

ランドルト環と呼ばれる指標です。

まずは右の裸眼視力と矯正視力、そして左目の裸眼視力と矯正視力を測ります。

裸眼視力は目の前にレンズを入れないで測った視力、矯正視力とは目の前にレンズを入れて測った視力です。

例えば裸眼視力が0.1の近視の人がいるとします。

この人の矯正視力はと言うと、レンズによって視力は1.0出るのか1.2まで出るのか、レンズを入れても0.3までしか出ないのかなどを求めていく訳です。

その求めた視力、例えば1.2まで視力が出たと言う場合、その視力を出すためにどのくらいの度数のレンズを入れるのかを同時に求めます。

1.2が矯正視力、そのために使ったレンズが矯正度数になります。

皆さんの中には2.0が一番良い視力と思う方もいるでしょう。

しかし、眼科では1.0を基準に目が良いか悪いかと判定する事が多いのです。

なので、例えば2.0ある人でもそこまでの視力を答えさせる事はありません。1.5もあまりありません。

1.2を読ませて終わる事が多いと思います。

だから、視力は1.2ですと言われても1.5あるかもしれません。

1.0ない場合は何らかの目の病気を疑われ色々検査をするかもしれません。

今回はその他の検査は割愛します。

日常的には1.0あれば困る事はありません。

視力検査の時に、場合によっては両眼の動きをチェックすることもあります。

目の細胞を調べる

角膜内皮細胞の数を調べる

「コンタクトレンズを使うと目が酸素不足になります。細胞不足によって角膜の細胞の数が減ってしまいます。減ってしまった細胞は元に戻す事が出来ません」

こんな説明を受けます。

しかし、これはあり得ない話です。

情報が古すぎます。

何故なら角膜は酸素を必要としない組織で酸素を消すような代謝システムがあるとDNA鑑定まで使って証明されているからです。

関連記事はこちらです🙂🙂

診察で目を見てもらう

診察

これはスリットランプと呼ばれる顕微鏡になります。

目の表面を拡大して目の表面の状態を確認します。

目の傷や炎症の有無、涙の状態(場合によっては涙を染色する)などなどを調べます。

倒像鏡と呼ばれるレンズを使い眼球内の状態を確認します。

白内障の有無や視神経、黄斑部(視力に関わる部分)を調べていきます。

コンタクトレンズのフィッティングもこの顕微鏡で確認します。

眼底はこのようになっています。

ドクターからみて約30度の範囲の眼底写真です。

もっと詳しく周辺の観察をする時には瞳孔を広げる目薬を使って検査をする場合もあります。

画面中央やや左の白くなっているところは視神経が束になっている場所です。

ここから眼球を後ろに突き出て脳に向かいます。

コンタクトレンズの検査

コンタクトを選ぶ、入れる、度数、サイズカーブをあわせる、練習する

ここまでの検査で目に問題がないと判定されればいよいよコンタクトの検査に入っていきます。

当然ですがレンズを選ばなといけません。

レンズの種類は色々あります。

関連記事はこちらです🙂🙂

レンズを選んだらそのレンズを実際につけて視力を合わせたりフィッティングを診てもらいます。

問題がなければ処方となりますが、お試しで使うパターンと購入するパターンがあります。

処方は今あなたがつけているまさにそのレンズのみが購入可能です。

レンズの種類やカーブ、度数、サイズなどを変更したい場合は再度検査と診察が必要になります。

また、初めての方はコンタクトレンズの装用練習と取扱説を受ける必要があります。

検査員やスタッフの種類や資格の有無

眼科のスタッフ

ドクター;当たり前ですが、日本の眼科では、診察と診断、薬やコンタクトレンズの処方は医師しかできません。

アメリカではアイドクター:オプトメトリスト と呼ばれる検眼士と眼科医どちらでも診断や処方が可能です。

関連記事はこちらです🙂🙂

因みに日本は医者であれば何科のドクターでもいいので眼科医ではない医者が眼科の診察をしている場所もあります。

視能訓練士;眼科領域におけるあらゆる検査のプロフェッショナルです。

視力検査から弱視や斜視の指導訓練まで何でもできます。

看護師;ドクターの診察介助や処置や手術の介助をするプロ。

採血もそうですが、本来はコンタクトを扱うのは有資格者しかできない医療行為なのです。

おそらく全国の眼科で働く検査員の半分以上(筆者の感覚では8割以上)は無資格のスタッフです。

お年寄りの方なんかは検査をしてくれる人は全員看護師か医者の卵かと勘違いされていますね。

若いお母さんなんかも子供さんに「さっきの看護師さんが、、」とか言ってる時もありますが、いつも否定しておくべきなのか悩みのタネでしたね。

コンタクトの販売店スタッフが検査していることも珍しくありません。

受付スタッフ;医療事務の有資格者とそうでない人がいます。

事務スタッフ;公認会計士とそうでない人がいます。

受付の手伝いをすることもあります。

風や空気を当てる眼圧検

気になる眼圧検査

コンタクトを作りに行ってパッケージのように行うのが眼圧の検査です。

器械から風や空気が出てきてバフッ。

一瞬びっくりするかもしれません。

目に風をあてて角膜の扁平率(凹み具合)から目のかたさを調べます。

これは緑内障の疑いがあるかどうかを調べます。

関連記事はこちらです🙂🙂

本来はコンタクトレンズを作ることと全く関係がないのですが、ここで疑わしいとなった場合に視野検査をすれば検査料が確保できると言う訳です。

眼科がどんなに綺麗事を言ってもやっぱり収入が無いと運営していけません。

今は保険点数の改定に次ぐ改定によって検査してもしなくても点数は同じになるようになっています(コンタクトレンズを作らない場合は点数は別々です)。


スポンサードリンク





Spread the love