コンテンツへスキップ

【緑内障に朗報!】最新の治療法

Spread the love

緑内障は日本人の失明原因第一位です

40歳以上の日本人20人に1人が緑内障(有病率5%)と言われています。(参照:日本眼科学会

さて、40歳以上の日本人は何人でしょう?

答えは7625万6千人です。(参照:総務省統計局

内、有病率5%は人口にすると381万2800人にもなります。

つまり40歳以上の方だけで、約381万人の人が失明をしないように気をつけなければならない病気なのです。

緑内障の詳細はよろしければこちらでご覧下さい😄😄

今回はイギリスのロイヤルリヴァプール大学が開発した緑内障患者の為のコンタクトレンズを紹介します。

スポンサードリンク



文章と画像引用:UNIVERSITY OF LIVERPOOL

A novel contact lens device developed by University of Liverpool engineers to improve the treatment of glaucoma has been found to reliably track pressure changes in the eye and be wearable by people who took part in its first clinical study.

緑内障治療を改善する為にリヴァプール大学のエンジニアによって開発された最新機器のコンタクトレンズは眼圧の変動を確実に追跡し、最初の臨床試験に参加中の患者が装用可能であることが分かっている。

The contact lens device is able to continuously measure fluid pressure in the eye – known as intraocular pressure (IOP) – the elevation of which is a cause of glaucoma and if not managed can lead to loss of vision.

コンタクトレンズ装置は流動的な眼圧(IOP)として知られる目の中の圧力を連続して計測できる。その上昇は緑内障を引き起こし放って置くと失明する。

Currently IOP is measured in glaucoma patients during clinic visits which are usually twice a year, but this characterisation of IOP is unreliable as IOP is dynamic and easily affected by psychological and environmental factors – such as stress or sleeping.

現在IOPは緑内障患者が通常年2回の眼科外来時に測定されるが、IOPの特性は動的でストレスや睡眠などの精神的および環境要因によって左右される為、信頼性が低い。

The device, which is made of a soft silicone hydrogel material to ensure it is comfortable to wear, contains a pressure sensor which detects changes in IOP continuously over a period of up to 24 hours. These changes are then transmitted wirelessly to an easily portable external controller (the size of a mobile phone) which collects the data and provides clinicians with much needed, but currently unavailable, data to assist with glaucoma treatment.

快適に装用可能なソフトのシリコンハイドロゲル素材の装置は24時間まで継続的にIOP変化を検知する圧力センサーを内蔵している。これらの変化は携帯電話サイズの外部コントローラーに無線で転送されてデータを蓄積し、現在のところ利用は出来ないが、緑内障治療の参考にするためにデータを待ち望む臨床医に提供する。

A small scale, first in man, clinical study of the novel device involved 12 volunteers who wore the new contact lens device for more than an hour while under constant clinical observation has been completed at St. Paul’s Eye Unit in the Royal Liverpool University Hospital and at Moorfields Eye Hospital in London.

小規模で人体では初、ロイヤルリバプール大学病院のSt. Paul’s Eye Unit で1時間以上コンタクトレンズを装用した12人のボランティアによる最新装置の臨床試験が一定の臨床観察を受け終了した。

Results from the study found the device was able to measure changes in the IOP, with minimal impact and little discomfort to the patient.

研究結果では機器が患者に対して最小限の影響と少ない不快感でIOPの変動を測定出来ることが分かった。

Glaucoma is a leading cause of irreversible blindness, affecting 0.5million people in the UK (67million worldwide) and costing the NHS more than £1billion a year. The aim of glaucoma treatment is to control IOP in order to minimise further damage, and avoid loss of vision.

緑内障は不可逆的盲目の主要原因で、イギリスでは50万人世界では6700万人が罹患し、国保サービスの負担は年間10億ポンド以上かかっている。緑内障治療の狙いはそれ以上の損傷を防ぎ視野欠損を避ける為にIOPをコントロールする事だ。

The device has been developed by University biomedical engineers in conjunction with engineers from specialist contact lens manufacturer, Ultravision CLPL, St Pauls Eye Unit, Liverpool and Moorfields Eye Hospital, London. The development team is now looking to refine manufacturing techniques in order to take the device to the next step towards commercialisation.

装置の開発は大学の生物医学のエンジニアとリヴァプールSt Pauls Eye UnitのコンタクトレンズメーカーウルトラヴィジョンCLPLのエンジニアとMoorfields眼科病院の共同で行われた。開発チームは商品化へ向けた次の段階に進む為に製造技術の改良を模索中だ。

Ahmed Elsheikh, Professor of Biomaterial Mechanics in the University’s School of Engineering, said: “The results of this study are very positive and show that the device is comfortable for people to wear and gives good measurements of the IOP.

大学工学部でバイオマテリアル.力学教授、Ahmed Elsheikhは「研究結果は前向きなもので装置が不快感なく装用できIOPの測定も良好だと分かった。」と話した。

“This device has the potential to provide millions of sufferers of glaucoma with much needed information which will ensure that they are being treated correctly, and that their good vision can be maintained and damage kept to a minimum.”

「何百万と言う緑内障患者が待ち望んだ情報を提供する可能性を秘めたこの装置は、彼らがその人にあった治療がなされる事を保証し、また彼らの良好な視力が維持されダメージが最小限に維持されることを保証するでしょう。」

Funding to develop the device and to support the clinical study was provided by the National Institute for Health Research.

装置開発と臨床研究の支援金はNational Institute for Health Researchより提供された。

(引用終わり)

イギリスの人口は6591万2658人(参照)なので緑内障50万人というのはたったの0.7%で日本人の有病率よりはるかに少ないです。

イギリスよりも日本人の方がはるかに需要があります。

もっといろんな国のデータを眺める必要性はありそうですが、日本人はきっと視神経が弱い人種という事になります。

そうでなければ、もの凄く小規模なデータを全人口比としているか。

実は筆者は後者ではないかと思っています。

緑内障の疫学調査はたった4000人の市民を参考にしています。

筆者のいた眼科では100人に1人くらい、緑内障の方がいたかいないかくらいでしたよ。

開発された装置はコンタクトレンズは眼圧測定コンタクトレンズと言えるものでしょう。

眼圧測定コンタクトレンズは緑内障を積極的治療をする機器ではありません。

眼圧の変動を見守り治療の参考にする為のものです。

それにしても、こう言う装置って充電はどうするのでしょうね?

使い捨てなのでしょうか?

充電式でなければ毎日交換しなければいけないのでコストが気になりますね。

この記事が良かったと思った方、画面に出ているSNSボタンで応援していただけると嬉しいです😆😆😆

スポンサードリンク




Spread the love