コンテンツへスキップ

緑内障と近視に関係性?【多治見スタディの欠点!】

Spread the love

近視の人は緑内障になりやすい、と言う事を聞いたことありますか?

なぜこのような説が出てきたのか詳しく解説したいと思いますが、簡単に緑内障についておさらいしておきましょう。

緑内障の症状は?

緑内障は視野が欠けて見えなくなると言う恐ろしいものです。

自覚症状が出るとすでにかなり進行しています。

眼圧と視神経の関係と眼圧の正常値

目には眼圧と言う力が存在し、目の奥の視神経に常に負担をかけています。

正常な眼圧でも視神経が脆いと痛んでしまい、視野が欠けてきます。

眼圧の正常値は10〜20mmHg(ミリ水銀柱)です。

緑内障の治療は?

視神経に負担をかけないように如何に眼圧を下げてコントロールしていくかと言うのが病気の治療になります。

そんな緑内障と近視がどのように関係があるのでしょうか?

調査報告した人には申し訳ないのですが、筆者はかなり疑っています。

日本眼科学会では「正常眼圧緑内障の患者さんには高齢者が多くて、近視の頻度も高いことから、加齢や近視もリスク要因であると考えられています」と近視はリスク要因と言っています。

しかし、近視がどのような機序で緑内障を引き起こすかまで書いていなくて、ただ単に頻度が高いとあることから(正常眼圧)緑内障の患者さんを調べたら近視の人が多くいたと言う認識なのだと思います。

眼鏡やコンタクトで矯正する必要がある近視の割合は?

日本眼科医会によると日本の人口1億2700万人中3分の1に当たる4000万人が眼鏡やコンタクトによる矯正が必要な近視です。

(矯正の必要ない近視を入れるともっと数が増えると思われる)

緑内障や白内障に関わらず、単純に考えてもおおよそ3分の1の患者さんのカルテは近視なのです。緑内障患者さんが100人いる場合33人のカルテは近視なのです。

見た目には多くいるように映っても不思議ではありません。

その見た目の多さを排除して考えているかが重要です。

なにしろ日本では近視の人口率が高いのですから。

高いとは言っても近視以外の可能性は正視と遠視しかないワケですけど。。。

他の二つの可能性を見ないで近視だけ注目していれば多いと感じるでしょうから、そこも考慮しているかが重要です。

文面からはそこまでの考えはなく近視と緑内障だけに注目した統計学的な観測だろうと思います。

何故なら「近視の頻度も高いことから」としか書いていませんよね。

これがもし、「遠視や正視の頻度が非常に低い割に近視の頻度が高いことから」と言う表現ならまだ納得ができます。

日本眼科学会によると40歳以上の緑内障の有病率は20人に1人です。

多治見市の眼科で行われた調査が示す近視と緑内障の関係性と落とし穴

緑内障と近視の関係を示す報告はH12年9月~H13年10月(実施期間)に日本緑内障学会が岐阜県多治見市に住む40才以上4000人を対象として行った大規模な疫学調査を元にしています(受診率は78.1%)。

この多治見スタディによれば、4000人中全緑内障有病率は5%、20人に1人の割合で患者さんがいると言っています。

これを多いと思うかはその人の立場にもよりますよね。

緑内障を撲滅させたい人にとっては4000人中1人いても多いと言うと思います。

決して極端な話ではありません。

実は最近、とある統計を見て気がついたことがあります。

よろしければ詳細記事もご覧下さい😄😄

統計によれば、環境因子も成長因子も全く影響を受けない近視にならない人は2割〜3割程度しかいないということです。

つまり最低でも人口の7割近くは近視の遺伝子を持っているという事です。

このこの統計から言えば緑内障患者さんのカルテの7割が近視です。

緑内障が近視の人に頻度が高いと思うのも無理はないのです。

問題は近視以外の(例えば遠視の)人に緑内障患者が少ないのか?

と言うことです。

近視をリスク要因と呼ぶのであれば遠視はリスク要因にならないはずですから、正常眼圧緑内障で遠視の人はいるはずがないか、いてもたまたまいたと言うレベルの数値でなければおかしい訳です。

近視の人が95%以上でした。

これなら正視や遠視は確かに緑内障になりにくいんだなって思いますよね。

近視の人は60%でした。

これも100個くらいの要素の一つが近視であれば、確かに他の99個の要素はリスクになりにくいんだってなりますよ。

でも同じように例え、

近視の人は60%でした。

となっても30%が遠視、10%が正視なら遠視も緑内障になるじゃんってなりますよ。

近視以外の要素は2個しかないのですから近視がリスクだとは言い切れないワケですよ。

しかし、その記載がないとなると、そこまで考えていないと言うことだと思うのです。

何れにせよどの統計を見て近視が緑内障のリスク要因だと結論づけたのか謎です。

まあ、近視が緑内障のリスクだと言う数字のマジックに引っかかって導き出されたものではないかと思っています。

因みに「日本人は眼圧が正常でも緑内障になる人が多く」と書きましたが、多治見スタディを根拠としています。

4000人の5%が緑内障で正常眼圧緑内障が3.6%。人数に変換すると緑内障患者さん200人での内訳は

正常眼圧緑内障は144人、
狭義の原発開放隅角緑内障が12人(0.3%)、
原発閉塞隅角緑内障が24人(0.6%)
続発緑内障が20人(0.5%)

どうですか、眼圧が高いから緑内障になるのではないことは理解頂けましたよね。

スポンサードリンク



Spread the love