コンテンツへスキップ

【ドライアイに朗報】最新のテクノロジー

Spread the love

コンタクトでドライアイ治療の時代?!

これからのドライアイ治療とは

ドライアイの治療法と言えば要因となる生活因子を取り除くか目薬で治療したり、涙点プラグで涙の排水孔を塞ぐと言ったやり方が主流です。

詳細記事

生活要因を取り除く例では、喫煙が原因なら禁煙する、パソコンが原因なら使用時間を減らす、コンタクトが原因ならレンズを替えたり時間を減らすなどです。

目薬は人工涙液やヒアルロン酸(保湿成分)配合の点眼液、ムチン(タンパク質)配合の点眼液、抗炎症作用の点眼液などがあります。

目薬を使うことにはデメリットもあります。

今回はドライアイ治療に開発されたナノウォーファについて紹介します。

ナノウォーファは薬を配合したコンタクトレンズだとイメージして下さい。

ドライアイだけでなく色んな目の病気の治療に応用できます。

目薬のデメリットを解消し高い効果を発揮します。

以下で紹介する写真はもの凄く小さなシートです。

おそらくマウス用のシートだからでしょうね。

実験では開発したデキサメタゾンナノウォーファ(DEX-NW)を実験用マウスを用いて涙の潤滑とバリア機能を研究したとあります。(Ophthalmology Times

慢性のドライアイでは目の炎症反応が起こるので抗炎症作用のあるステロイドの目薬を使う必要のある人がいます。

抗炎症作用のあるデキサメタゾンを充填したナノウォーファという事です。

そしてDEX-NWが角膜乾燥に関連する炎症の誘発因子の発現を抑制し、角膜の潤滑性とバリア機能を維持したとあります。

全て時間をかけて完全溶解と書かれています。

しかし、薬剤自体はカルボキシメチルセルロース(CMC)ハイドロゲルに組み込まれているようで、シート全てが溶けてなくなるという意味かは不明瞭です。

目に乗せたこの薬剤シートが全て溶けるとしたら、喉の痛みにドロップを使うのに似ていますね。

これから紹介する記事にはドライアイの事が書かれていませんがどういう物か理解するには丁度良い記事かなと思います。


指先に乗せたコンタクレンズ様の透明シート

Baylor College of Medicine

スポンサードリンク



最新技術を開発した大学の記事を紹介

While using eye drops to treat eye injuries may seem like a simple enough task, doing so multiple times per day can cause side effects such as irritation and toxicity from high drug concentrations, and poor patient compliance is also an issue. In response to this, researchers at Baylor College of Medicine have developed a nanowafer drug delivery system, in which there is a slow drug release from a nanowafer, or a small transparent disc placed on the surface of the eye that contains arrays of drug-loaded nanoreservoirs.

目のキズを治す点眼を使うのは簡単な作業のように見えるかもしれないが、1日複数回使うと薬剤濃度による刺激や毒性や患者の理解力の低さなどの問題から副作用が起こり得る。これを受けて、ベイラー医科大学の研究者は薬剤がゆっくりと溶解するナノウォーファ薬剤輸送システムを開発した。それは目の表面に乗せる小さな透明ディスクで薬剤を配列充填したナノレベルの薬剤庫だ。

In their latest study published in ACS Nano, researchers found that in mice, the nanowafer drug delivery system was more effective in treating corneal neovascularization, which result in severe corneal clouding and blood vessel ingrowth, than a topical eye drop therapy.

ACSナノで発表した最新の研究では、マウスにおいてナノウォーファ薬剤輸送システムが通常の点眼治療よりも角膜新生血管(いくつかの角膜混濁と血管内方成長の原因となる)の治療でより効果があることが分かった。

“Eye drops are very inefficient because they are diluted out by the tears and then rapidly washed away from the eye so there’s very little time for the medication in the drop to be picked up or absorbed by the tissue, and as a consequence the concentration of it doesn’t achieve a high level,” said Dr. Stephen C. Pflugfelder, professor of ophthalmology at Baylor and an author on the paper.

「点眼薬はとても非効率です。何故なら涙で薄まるし急速に洗い流されるので、組織に吸着し吸収される治療時間がとても短く、その結果、集中して高いレベルを維持出来ません。」とベイラーの眼科教授で論文の著者、Stephen C. Pflugfelder博士は話した。

Dr. Ghanashyam Acharya, assistant professor of ophthalmology at Baylor and senior author of the paper, developed the wafer technology that can be placed on the surface of the eye. It slowly dissolves and maintains a high concentration of the drug in the tear film and loads up the tissue to provide better efficacy.

ベイラーの眼科助教授で論文首席著者のGhanashyam Acharya博士は目の表面に乗せるウォーファ技術を開発した。それはより優れた効果を供給するために涙液にゆっくりと溶解し集中的に高いレベルを維持し、組織へ輸送する。

Using an animal model, researchers sought to determine whether using the wafer technology would deliver medication more consistently to the eye when treating corneal neovascularization, which can be blinding.

研究者は動物実験を用いて、失明の可能性がある角膜血管新生の治療をする時に、ウォーファ技術を使えば薬は目に輸送され続けるのか特定しようとした。

“We found that the nanowafer was much more efficient compared to eye drop treatment. For example, once a day nanowafer treatment has almost twice the efficacy compared to delivering eye drops two times a day,” said Acharya.

「ナノウォーファは点眼と比較してより高い効果がある事が分かりました。例えば1日2回の点眼と比較して1日1回のナノウォーファがほぼ2倍の治療効果があります。」とAcharaは話した。

“It’s very novel. In this study, not only did it demonstrate the efficacy in delivering these drugs that inhibit the corneal blood vessels but it also demonstrated the efficacy and feasibility of the wafer drug delivery system,” said Pflugfelder. “This would greatly revolutionize treatment of severe infections of the cornea that require treatment with eye drops every hour for 24 hours a day for days and weeks on end. It could deliver more antibiotic to the cornea and it could theoretically be done once a day.”

「凄く斬新です。角膜血管新生の抑制剤を輸送する効果の実証だけでなくウォーファ薬剤輸送システムの効果と実現可能性を実証しました。」とPflugfelderは述べた。「これは何週間も一時間置きに点眼が必要なほど深刻な角膜感染症の治療に革命をもたらします。理論的には1日1回でより多くの抗生物質を角膜に輸送出来るのですから。」

Researchers are now working on increasing the drug release from the nanowafer from once a day to one to two weeks. Also, because the technology does not require refrigeration, it would be very useful in treating eye infections and injuries in developing countries.

研究者らは現在ナノウォーファによる薬剤の放出期間を1日1回から1〜2週間に1回に増やす作業をしている。また要冷蔵では無いので、発展途上国での目の感染症と怪我の治療にも役立つだろう。

Baylor College of Medicine

何年先に実現されるか分かりませんが、ドライアイ治療だけでなく緑内障などの治療方としても今後期待値の高いテクノロジーであることに変わりはありません。

スポンサードリンク




Spread the love