コンテンツへスキップ

老眼が良くなる3か条?【それは無理です】

Spread the love

老眼ストップ?老眼を止める3つの極意?・主治医が見つかる診療所を検証する!

5月10日の主治医が見つかる相談所で紹介された最新の老眼予防法

諦めていた老眼をストップ!進行を止める最新極意3か条

と言うテーマで3か条を紹介していました。

二本松眼科病院の平松類医師曰く、

老眼の進行を遅らせる可能性のある3ヶ状があります。

その方法を後ほどご紹介しますが、はっきりいって老眼はストップできません

その事は別の記事に書きましたが物理的に不可能なのです。

こう言うタイトルをつける眼科医はインチキ若しくは無知だと思います。

3ヶ条を守って視力がアップする人もいるでしょう。

でも視力UPイコール老眼をストップではありません。

そんなに難しいことをやるわけでは有りませんが、視力アップの効果は疲労を回復させるテクニックです。

スポンサードリンク



その① 40℃のタオルで温める

暖かいおしぼりを準備する。

顔を天井に向けて目を閉じて目の上におしぼりを置く。

そのまま5分くらい休む。

これで目の疲れ、慢性頭痛、肩こりなどの改善効果が期待できる。

その② 人差し指トレーニング

人差し指を目から30㎝ほど離して立てる。

その人差し指にピントを合わせる。

次に目から2m以上離れた物にピントを合わせる。

これを毎日10回程度繰り返す。

効果;遠くと近くを交互に見ることでピントを合わせる筋肉を動かすことができる。

その③ ガボールパッチを使う

目的;目を鍛えるのではなく脳を鍛えることで目から入ってきた信号をしっかりとキャッチする。

アンドロイド版やアイフォン版の無料アプリもあります。

同じ柄を探したり3つ並べて消したりゲーム感覚で遊びながら脳を鍛えることができます。

わざとぼやかした画像になっていてこれを脳で処理することでトレーニングになるんだそうです。

アメリカのカンザス州立大学の研究で40〜50代の男女18人に1回30分、週2〜3回、合計30回、ガボールパッチトレーニングを行ってもらったところ近見視力(近く用の33㎝で測る視力表で測った視力)が平均で0.3UPした

ガボールパッチの他の専門医の評価

脳神経外科の上山博康医師

ガボールパッチと言う概念はものすごく新しい。多分ボケてる映像を脳が作ろうとして処理能力が良くなるから相対的に視力が良くなるんじゃないかと僕は考えている。

循環器内科の秋津壽男医師

我々って意外とちゃんと焦点を合わさずに生活しているんですよ。ですから普段から意識してピントを合わす努力をすること。私のオススメはね、ウォーリーをさがせ!ってやつ。ぼんやり見てたら何にも分かりませんね?一生懸命見てどっかにピントを合わすとここが違うって分かる。普段から時々ピントを合わせる努力をすると良い。

結果と結論

今回その3ヶ条を体験されたタレントの沢田亜矢子さんも視力がアップしていました。

近見視力(両目での視力)は体験前0.6→1ヶ月後1.0でした。

個人差があるので全ての人に同様の結果が得られるかは分かりません。実際に2け月続けると多くの方に効果が現れるのだそうです。

その①とその②はよくある疲労回復の方法で、要するに筋肉をほぐしているだけで老眼が良くなったわけではありません

その③脳トレは他の専門家の先生の意見を聞いてお分かりの通り、老眼をよくしているのではなく脳の機能を上げているだけです。

しかも、視力検査が最悪です。

2点ダメなところがあります。

1、目を細めてはダメ
2、測定距離を厳密にしないとダメ

映像を見て下さい。


普段の目を細めていない沢田さん


実践前、目を細めている沢田さん


実践後、目を細めている沢田さん

分かりますか?

明らかに目を細めていますよね?

しかも実践後の方が距離が遠いでしょ?

検者(検査する人)は被験者(検査される人)の後ろではなく前に立つか、被験者の様子が分かる位置で様子を見ながら検査しないといけません。

視力検査のレベルが低いですが、これは全国平均的なレベルです。

ここまで来るとカンザス州立大学での研究結果も怪しいものです。

皆さんも実践されるのはおススメですが、老眼が治ったと思わないようにして下さいね。

この記事が良かったと思った方、画面に出ているSNSボタンで応援していただけると嬉しいです😆😆😆

スポンサードリンク




Spread the love