コンテンツへスキップ

【ES細胞移植】加齢黄斑変性の患者の予後

Spread the love

今月アメリカ眼科学会が報じたES細胞を使って失明した患者の視力をとりもどしたと言う記事を紹介します。

iPS細胞とES細胞の違いなどわかりやく解説した記事もありますので、よろしければご覧下さい😄😄

スポンサードリンク



引用:AMERICAN ACADEMY OF OPHTHALMOLOGY

In a small but intriguing study, scientists in England have given blind patients some functional vision, using human embryonic stem cells. Two blind patients regained enough sight to read again after getting stem cell implants in their damaged eyes. One was in her sixties and the other his late eighties.

小さいが興味深い研究では、イギリスの科学者がヒト胚幹細胞を使って失明患者に光を与えている。2人の盲目の患者は損傷した目に幹細胞を移植し再び読書できるまで視力が回復した。1人は女性で60代にもう1人は男性で80代後半だった。

They had a severe form of age-related macular degeneration (AMD) called wet AMD, because of the leaking blood vessels it causes. Wet AMD is less common than the dry form, and dry can sometimes lead to wet.

彼らは血管から液体が漏出する滲出型と呼ばれる重度の加齢黄斑変性(AMD)だった。滲出型AMDは萎縮型ほど多く無いが、萎縮型は時に滲出型へ移行する。

With age-related macular degeneration, many seniors lose the ability to see, bit by bit. Driving may go. Reading may go. The faces of friends and family disappear. Macular degeneration is the most common cause of blindness in the older population. The more severe the condition, the greater the impact.

加齢黄斑変性で、多くの高齢者が徐々に見る能力を失う。運転や読書ができなくなる。友人や家族の顔が消える。黄斑変性は高齢者の失明原因でよく知られている。重度になる程、影響も大きくなる。

There is no cure, so adjusting and making the most of life with less vision is the best approach.

治療法がなく、低い視力を如何に維持するかが一番の課題だ。

The new treatment, though still in the research stage, is a potential breakthrough for people with macular degeneration. The study was published in the journal Nature Biotechnology this year.

新しい治療法は、まだ研究段階だが、黄斑変性の患者にとって打開策の可能性を秘めている。その研究は今年、専門誌ネイチャーバイオテクノロジーで発表された。

"I am encouraged by the study results. It's a step forward," said Jennifer Lim, MD, director of the retina service at the Eye and Ear Infirmary at the University of Illinois in Chicago. Dr. Lim was not involved with the study.

「研究結果に勇気付けられました」シカゴのイリノイ大学眼科医院で網膜専門医局長Jennifer Limは言った。彼女は研究には関わっていなかった。

But Lim cautions that a study with only two people is extremely small, and more research on larger numbers is needed before getting hopes too high

しかしLimは2人の患者では症例が少なすぎる、より高い期待値を得るにはもっと多くの研究が必要だと言う。

"This is a 2-person, uncontrolled study. Further work is needed," Lim said. An uncontrolled study means that there was only one group of patients in the study. The results weren't compared to a second group who did not receive treatment.

「この2人は、*非対照研究です(注:比較実験もできないと言う意味)。より一層の研究が必要です。」とLimは言った。非対照研究とは研究対照に1組の集団しかないと言う意味がある。結果に関して言えば2つ目の治療を受けなかったグループとの比較がなされていなかった。

In age-related macular degeneration, an area in the center of the retina called the macula deteriorates, causing blindness. Deterioration is faster in people with the wet type of the disease.

加齢黄斑変性では黄斑と呼ばれる網膜中心部の状態悪化が原因で失明する。状態悪化は滲出型の人の方が早い。

In the study, stem cell patches were implanted under the dying or atrophied retinas of the two patients. Each patient had one eye implanted. The implanted cells are from a nourishing bottom layer of the retina, called retinal pigment epithelium or RPE.

研究では二の患者の死滅若しくは萎縮した網膜の下に幹細胞片を移植した。2人とも片目の移植だった。移植された細胞は網膜色素上皮(PRE)と呼ばれる栄養を補給する網膜の下の層からだ。

The foreign cells seem to interact naturally with surrounding tissue to create vision.

他人由来の細胞は視力を生み出す為に近くの組織に自然に溶け込んだようだ。

The study was designed to look at patient safety, a first step before testing on larger numbers. So far, there haven't been any untreatable side effects.

この研究はより多くの試験を行う事を前提に患者の安全性を検討して計画された。今のところ治療不可能な副作用は何も無い。

The technique was successful in animal studies before this experiment with humans. The research team is continuing to treat more humans as part of its study.

この技術はヒトでの試みの前に動物研究で成功を収めた。研究チームは研究の一環としてより多くのヒトでの治療を続けている。

"If indeed this new way to replace RPE works, it can avert retinal loss over areas of atrophy," Lim said.

「もし実際にこのRPE置換術が確立すれば萎縮部分全体の網膜損失を防ぐ事が可能です。」とLimは話した。

Currently, surgery and medicines may slow the progression of age-related macular degeneration and improve vision. The sooner you get treated the more potential to help.

現在、手術と投薬が加齢黄斑変性の進行を遅らせ視力を改善しているのかもしれない。早期に治療開始すればその分助かる可能性が増える。

The American Academy of Ophthalmology recommends everyone get a check-up from an ophthalmologist starting at age 40. Anyone experiencing vision changes at any time should see an ophthalmologist right away.

アメリカ眼科学会は40才になった全ての人に眼科医による健診を進めている。どんな時でも視力の変化を感じている人は今すぐ眼科医に診てもらうべきだ。

(引用終わり)

この記事には明らかに盲目の患者(blind patients)と書いてあります。

失明した患者が光を取り戻すのに治療を受けた人と受けなかった人の比較がどうして必要なのか筆者の頭ではよくわりません。

失明した患者が何もしないで視力を取り戻すことは不可能なはずですし、そのような症例報告は聞いた事がありません。

筆者が知らないだけと言う可能性もあると言えばありますが、それは世界中のニュースになるくらい奇跡的な事です。

そんな奇跡的な事がES細胞の移植と言う治療によって起こっています。

視力の回復は明らかに移植のお陰です。

一体なんの目的で対照研究が必要だと言っているのか分かりません。

ES細胞ではiPS細胞と異なり拒絶反応の心配がありますが、それも今のところ、この2人に関しては大丈夫と言う事みたいですね。

このような再生医療を受けたい方に当眼科学会は注意喚起もしています。

幹細胞が知れ渡るようになってから、その幹細胞治療を受けたいと言う声を利用した怪しげなクリニックが「幹細胞治療」と言う名の医学的根拠のない治療を行っていて、それが失明に繋がった人もいる

と言う事です。

網膜疾患に対する再生医療はまだ臨床試験で安全に利用されているだけ

なので、簡単に飛びついたいしないでくださいね。

この記事が良かったと思った方、画面に出ているSNSボタンで応援していただけると嬉しいです😆😆😆

関連記事

スポンサードリンク




Spread the love