コンテンツへスキップ

子どものコンタクトレンズ・デビューはいつから?【親御さん必見!】

Spread the love

あなたは何才の時にコンタクトを使い初めましたか?

あなたの子供さんは今何才ですか?

お子さんがコンタクトにしたいと言い初めたらどうしますか?

一体何才になったら使っても良いと言いますか?

小学生や中学生でも使って良いのでしょうか?

筆者の経験では子供と言えば、高校生くらいからのスタートが多いと思います。

でも何故高校生なら良いのか、その理由が非常に曖昧で偏見に満ちています。

今回はいつからコンタクトレンズをつけても良いのか、その理由は何なのか、日本と海外との比較を交えてお伝えします。

スポンサードリンク



コンタクトの管理、洗浄すすぎ、保存は難しい?

偏見に基づく眼科医の主張

単刀直入に言えば、「子どものコンタクト装用は、少なくとも15歳から」と岡野先生は指摘します。ご自身が院長を務めるスマイル眼科クリニックでも、15歳未満の患者さんにはまず、メガネを強くすすめるそうです。
その最たる理由はズバリ、管理の難しさです。
外したコンタクトの洗浄、すすぎ、保存と簡単な作業ではありますが、大人でもおろそかにしてしまい、目に炎症が起こることが少なくありません。
さらに子どもの場合、大人のサポートが必要になります。たとえ毎日のケアがしっかりできていたとしても、体育の授業や部活など、運動をする機会も多いことから、大人以上に目へのアクシデントが多いことも見逃せません。引用:目ディア

この目ディアの監修医である岡野氏は少なくとも15才ならコンタクト装用オーケーとしています。

15才と言うと一般的には中学2年生若しくは3年生ですね。

何故15才かと言うと、管理が難しいから、が一番の理由なのだそうです。

じゃあ、中2には管理無理って事?

中3以上は管理出来るって事?

中2には管理が難しく中3は管理出来るって何を根拠に言ってるの?

これ、ハッキリ言ってただの偏見です

さらに、大人以上に目へのアクシデントが多いことも見逃せません、って書いてますよね。

じゃあ、20才にならないとコンタクトの処方したら医師としてダメなんじゃないの?

しかも統計とったの?

統計とったとしたらどんなアクシデントがあるの?

これも単なる偏見に基づいた結論じゃあないの?と思うわけです。

この偏見に基づく15才説を覆すデータがあります。

では、一体いつから?

初めてのコンタクトレンズいつからがおすすめ?

データに基づいた非15才説

では、次の記事を読んでみてください。

Four million American children under the age of 18 wear contact lenses. Physically, a child's eyes can tolerate contact lenses at a very young age. Even some infants are fitted with contact lenses due to congenital cataracts or other eye conditions present at birth.

アメリカでは18以下の子供、400万人がコンタクトレンズの装用者です。身体的には、子供の目はとても幼い時点でコンタクトレンズに耐えることができます。先天性白内障やその他の先天性の病気の理由がある赤ちゃんにでさえコンタクトを合わせられます。

And in a recent study that involved fitting nearsighted children of ages 8-11 with one-day disposable contact lenses, 90 percent of the kids had no trouble applying or removing the contacts without assistance from their parents.

最近の調査では8才〜11の近視の子供に1日使い捨てレンズを装用している内の90%の子供が両親の手助け無しでもコンタクトの着脱に何の問題もありませんでした。

If you are considering contact lenses for your child, take a look at how your child handles other responsibilities. Does he have good personal grooming habits, keep his bedroom and bathroom clean, and follow through with schoolwork and household chores?

もしお子さんにコンタクトを考えているなら、子供の責任感があるかと言う点に注目して下さい。お子さんが自己訓練の習慣があるか、部屋の片付けが出来るか、お風呂掃除が出来るか、宿題や家事をやり遂げるかと言った事です。

If children need frequent reminders to keep things clean and follow good hygiene practices, they may not be ready for the responsibility of wearing and caring for contact lenses. But if they handle such duties well, they might be excellent candidates for contacts.

もしお子さんがモノを清潔に保ち衛生習慣を思い出させることが頻繁にある様ならコンタクトレンズの装用と手入れに対する責任感を準備していないかもしれません。でももしその様な義務をしっかり守れるなら、素晴らしいコンタクトユーザーの候補者になり得ます。

Children are naturally great contact lens wearers if they accept the responsibility for them. They typically are highly motivated to wear contacts and usually adapt well to them.

お子さんがそれらの責任を受け入れるなら、自然と優れたコンタクト装用者になります。彼らは概ねコンタクトを入れる事に強い動機があり、通常は順応性が高いです。

Kids also are less likely to have dry eyes — a condition that can cause contact lens-related problems for adults.

また子供は大人にとってはコンタクトレンズが原因となるドライアイになりにくいです。

Plus, younger children sometimes follow instructions about contact lens wear better than teenagers and young adults, so they may have fewer problems with over-wearing their contacts or not using the correct contact lens solutions.

加えて、小さい子供はティーネイジャーやヤングアダルトよりもよく指示に従うことが多いので、長時間装用又は正しいケア用品を使わないなどの問題も少ないのです。

All ABOUT VISION

これを読んで、もしあなたが初めての人におすすめする立場なら、いつからコンタクトを付けて良いと言いますか?

日本とアメリカの違いはあれど、岡野氏と正反対の結果が見られていますよね。

指示に従い正しく使うかどうかはむしろ幼い方が有利な結果が出ています。

親のサポートも必要なく付け外しができます。

さらに、正しく扱える素質をもっているかが重要なのであって、素質がない様ならまだ早いと言うアドバイスがなされています。

大人だから扱い方が正しいとは言えないし、子供であっても素質があれば扱えます。

年齢の問題では無いのです。

筆者に言わせれば言われたことを守る人はいても、完璧な扱い方の出来る大人は一人もいません。(偏見ではなくリサーチした上で筆者からみて良質の情報はありません。)

なぜなら、正しい手入れをしましょうと言う割に、完璧で正しい手入れの仕方の説明をしている眼科はまずないからです。(もしいるとすれば、筆者がお会いして指導をした方だと思います。)

詳細はこちらをご覧ください🙂🙂



赤ちゃんがコンタクトをするケースもある!

先天性白内障の赤ちゃんは手術後にコンタクトを付けるケースもある

今度は、実際に赤ちゃんがコンタクトをつけると言う動画を紹介します。

Aphakic Angels

生後5ヶ月の赤ちゃんは先天性白内障の手術後で水晶体を除去しているため、見たことない強度の遠視度数(ボシュロムのレンズで、パワー+32)のレンズを入れています。

お母さんの爪が長いと思ったら外す時に使う指(両手の親指で外す様です)だけ短く切っていますね。

次は8才の女の子がレクチャーする動画です。

Jenilee Rowes

10歳の女の子もレクチャーしています。

Christian Strauss

8歳の子も10歳の子も手を洗ってからレクチャーしていると思われますが、手を洗ったらあちこち触ってはいけません。

教育は不十分ですが責任感は伝わりますよね。

逆に言えば、この程度の教育でも90%以上の子供が問題なく使えているのです。

問題が起こるのは不十分な教育な上、受けた教育も守れない人(大人子供関係なく)なのです。

アメリカの400万人の子供に出来て日本の子供に出来ない論理的理由などありません。

この記事が良かったと思った方、画面上ののSNSボタンで応援していただけると嬉しいです😆😆😆

スポンサードリンク




Spread the love