コンテンツへスキップ

感染者の飛沫が公共の乗り物や場所に付着していると考えるとやはり触るのは気持ちが悪いですよね。

つり革や手すりやドアノブなど、どのくらいの期間ウィルスは存在して感染力を維持するのでしょうか?

ウィルスの非生物表面上での感染力

Journal of Hospital Infection誌に発表された論文によると、重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、風土性ヒトコロナウイルス(HCoV)など、新型以外のヒトコロナウイルスに関する22例の研究分析で、ウィルスが「金属、ガラス、プラスチックのような非生物表面上で9日間する」可能性、より具体的には「2時間から9日間」感染力を維持する可能性を研究グループが明らかにした。(参照

存続時間はウィルスや表面材質や温度によっても異なります。(参照

例えばMERSのウィルス株を鋼鉄の表面に吹き付けた場合、20℃で管理した場合に48時間感染力を維持するのに対して30℃では8時間~24時間に短縮します。

SARSのウィルス株(P9株)を使った材質の違いを見る方法では、金属で5日、木材やガラスやプラスチックで4日、紙で4~5日です。(室温)

またSARSのウィルス株でも(P9株)のプラスチック表面での感染力維持は4日ですが、FFM1株では6日~9日で最も長いです。(室温)

注意する点があります。

室温で管理するというのは、厳密な温度が示されていないので環境によって変化する室温ということなのだと思います。研究が行われた季節によっても違うでしょう。

そして吹き付けているウィルスの感染力は生体内で増殖した際に検査をして陽性と診断されるギリギリの量まで培養しているので、咳をして付着するウィルスの量とは異なります。

実際には、接触感染よりも飛沫感染の方が深刻です。

しかし、感染者の手にウィルが付着し、その手が触れた物質は汚染されますから、手洗いは原則必要です。

非生物表面に触れた手で目、口、鼻など触らないように注意しましょう。

非生物表面上のウィルス不活性化対策

また参照の論文では、非生物表面上における不活性化対策についても言及されています。

62~71%エタノール
0.5%過酸化水素
0.1%次亜塩素酸ナトリウム

これらを用いた表面消毒法により1分以内に効率的に不活化できるようです。
新たな感染経路を遮断するためにはこのような消毒液で対策して下さい。

逆に、

0.05~0.2%塩化ベンザルコニウム
0.02%ジグルコン酸クロルヘキシジン

これら効果は低いので、止む終えない事情以外では使用を避けるようにして下さい。

因みに塩化ベンザルコニウムはコンタクトレンズのケア用品の防腐剤として有名です。

ぜひ、デマ情報に惑わされないように気をつけて下さい!




この記事が良かったと思った方、画面上に出ているSNSボタンで応援していたでけると嬉しいです😆😆😆

今回は新型コロナウィルスの変異と毒性について書きます。

コロナウィルス感染拡大は変異が原因!ワクチンは変異にも対応できるのか?

皆さんは感染力と毒性の違いが分かりますか?

感染力はある個体から別の個体への伝染する力のことです。毒性というのはどのくらい重症化しやすいかということで、感染力とは違います。毒性と病原性はほぼ同じ意味です。報道でも本来は毒性と言うべきところを感染力という人がいるので注意して下さい。

それでは本題に入りましょう。

ウィルス感染発生の中国武漢で少なくとも1度変異が起きていたことが判明したようです。

感染した患者の検体を培養したウィルスの株から主に2種類の系統が確認されました。

解析されたウィルス株のうち約70%を占めていたL型は毒性が強く、残りの約30%を占めたS型は毒性が弱いことが、北京大学生命科学部と上海のパスツール研究所の科学者による予備研究で判った。(FOX

毒性の強弱とは、あくまでもSよりもLの方が毒性は強く、LよりもSの方が毒性は弱いというだけの意味です。

変異が起きたと言っていますが、報道からは不明な点も多くあります。

S型を古いタイプと呼んでいるので、むしろ中間宿主でヒト感染型ウィルスに変異したのがそもそもL型でS型は季節性のようなウィルスなのではないかと言う可能性をまず疑いました。

しかし、その場合に科学者が、1度変異が起きたと言うでしょうか?

きっと言わないでしょう。

他のメディアを参考にすると、どうやら「新型ウィルス」に「2つの型が存在する」という報告のようです。つまり新型ウィルスが1度変異を起こして武漢で感染拡大した可能性を述べるレポートのようです。

強毒性の系統が70%と言うと、強毒株の方が多い印象を受けますがあくまでも検体採取された人の中での割合です。

検体採取をされていない軽症者や不顕性感染者がいることを考えると、この人達はS型に感染していて、感染力は強くて重症化率の低いS型の方が、世の中には多い可能性があります。

あるいは重症化(ここでは人工呼吸器を付けることとしておく)の高低に拘らず、S型が流行していて、変異した為に再燃(一旦抑え込んだウィルスが体内で再度増殖すること)した可能性もあります。

つまり、大阪のバスガイドのように回復した人が再び胸の違和感や喉の痛みを発症し再検査で陽性になってしまった可能性です。

しかし、再陽性のケースは1例ではないため、同時多発的に同系統の変異をすることがあるのかやや疑問が残ります。

今のところは武漢で拡大したウィルスはすでに変異を起こしていて、毒性の強弱2系統が存在しているという事実だけが判っています。

そして(中国の科学者ではなく)FOX医療担当記者の博士によると、更に変異する可能性も視野に入れているようです。

その上で、ウィルスをしっかり監視し追跡すればどの系統にでも合うワクチンが開発できるとし、述べています。

「風邪のワクチンを開発すればノーベル賞もの」と誰が言ったのか知りませんが、かつてはこのように言われていましたよね。

それは原因となるウィルスには種類があり、型が多すぎるからという理由です。

風邪という枠では難しいですが、今回発生したコロナウィルスに的を絞ればワクチン製造も難しくないということなのかもしれません。

ワクチンがなぜすべての型に効果があるのか、そのあたりのメカニズムはまだ言及されていません。




この記事が良かったと思った方、画面上に出ているSNSボタンで応援していたでけると嬉しいです😆😆😆

今回は2020年2月28日付けのCNNニュースから治療に関する情報をお届けしようと思います。

コロナウィルスの致死率

世界中で少なくとも82,056人の患者が確認され、少なくとも2,800人が死亡しています。その大多数は中国です。

MRERSでは34.4%(参照)、SARSは9.6%の致死率でした。(参照

SARS2の致死率を最新の数値で計算すると3.4%です。

しかし、罹患した人はMERS2102人(内780人死亡)、SARSが8000人以上(内774人死亡)でした。

死亡率は最も少ないですが、感染率は最も高いということになります。

すでにMERSやSARSの感染力を遥かに上回っています。

これはテレビでも兼ねて言われているのでご存知の方も多いと思います。

実は感染率が高い方が死亡率が低い傾向にあります。

昔に読んだ文献の記憶なので曖昧ですが、ウィルスにとっては強い株の方が宿主を殺してしまい遺伝子を残しにくいわけで、遺伝子を残すためには宿主を生かしておく必要があるからです。

もちろん免疫弱者(基礎疾患のある方や免疫力の低い人)に移さない為ために自分がかからないような対策をする必要はありますが、免疫力のある人はデマに脅かされたりせずにする正しい知識を持っておく必要があります。

しかも日本では(だけではないが)検査されていない潜在的感染者が多数存在するため、死亡率はもう少し下がるでしょう。

コロナウィルス最新治療に向けて

とはいえ、治療薬もワクチンもないというのは不安ですよね。

もっともインフルエンザワクチンに関しては効果は全くないので、抗インフルエンザ薬が認可されるまでは、インフルエンザにかかっても対処療法と自身の免疫力で完治していたわけです。(興味ある方はこちらの記事をご覧下さい)

今現在治療薬の開発に向けて行われているのは、ウィルスの全ゲノムの解読や、細胞培養でウィルスを増やすなどして、幅広く科学者に利用できるようにしています。

それからエボラ出血熱に無効だったレムデジビルという薬の臨床試験が中国でもアメリカでも行われています。

アメリカではクルーズ船 「ダイヤモンド・プリンセス」 から避難した患者が参加しています。

アメリカでは60人の感染者が確認されていて内41人はクルーズ船から避難した人たちです。

臨床試験登録時に200ミリグラムを静脈投与し10日の入院期間中に更に最大100ミリグラム投与される予定だそうです。

また抗インフル薬のアビガンは中国で臨床試験が行われ、抗HIV薬よりも優れた抗ウイルス活性を持ち、副作用が少ないことを示唆した報じているそうです。
これを受けて日本では神奈川県がアビガンを使えるように政府に要請し政府も検討する流れになりそうです。(参照

また、抗HIV薬のカトレラが候補に上がっています。

いずれにしても重症の入院患者への管理にとどまりそうで、つまり、治療薬はあっても自宅療養の人には無関係と言えそうです。

いかにかからないように工夫するかが重要で、検査で要請が出たとしても、対処療法用の薬が出されて自宅療養になります。

主な参照CNN

CDC

こちらでは世界の感染者の人数と死亡率がリアルタイムで分かります。https://www.worldometers.info/coronavirus/

  
<数字の見方を赤で表示しました。>




この記事が良かったと思った方、画面上に出ているSNSボタンで応援していたでけると嬉しいです😆😆😆

https://www.aichinarumi.com/coronavirus-mutation-vaccine/

前回コロナウィルスの感染源と予防の話をしました。

感染した時にペット伝染らないのか心配な方にペットへの対応などを話たしと思います。

より理解を深める為に少しインフルエンザについ交えて話します。

コロナウィルスとコウモリとサンゼンコウ

ウィルスが感染するためにはウィルがもつ特有の鍵で宿主となる細胞の鍵穴と一致する必要があります。

インフルエンザウィルスは元々鳥が宿主でそのウィルスが持つ鍵はヒトの鍵穴には使えません。

そのため鳥インフルエンザウィルスはヒトには感染しづらいのです。

しかし、豚はヒトの鍵穴(ガラクトースと α2,6 結合したシアル酸をレセプター)と鳥の鍵穴(ガラクトースと α2,3 結合したシアル酸をレセプター)を持っているので豚を介してヒトへ感染できる鍵を獲得するわけです。

この時の豚を中間宿主と言います。

MERSコロナウィルスの時はラクダが、SRRSはハクビシンが中間宿主でした。
今回のSARS2(敢えてこのように呼ぶ)も中間宿主の存在が疑われています。

候補に上がっているのがサンゼンコウ(英語でパンゴリン)と言う動物です。(参照

<NATIONAL GEOGRAPHIC>

世界中で最も取引された動物のため絶滅危惧種になったこのサンゼンコウは武漢の市場で販売されていたようです。

コウモリの尿や血液に触れたのではと言う専門家もいますが、中間宿主の存在の可能性は高いわけです。

コロナウィルスとペット

ここで分かる事は、鍵穴を持っていない動物には感染しようがないと言うことです。


画像はCDCより

現時点で、ペットなどの動物がCOVID-19を患ったという報告を受けていません。

ペットを含めた伴侶動物がCOVID-19を患い広めた証拠はありませんが、他の病気をヒトに移す可能性があるので、「動物の近くにいた後はいつも手洗い」の概念を持つのが良いでしょう。

CDCでは、ペット自身が感染源になった報告をゼロとしています。
つまり現段階ではペットは鍵穴を持っていないと考えられます。
しかし免疫力が低下した人には普段感染しないような病原体から身を守る術として手洗いの習慣が功を奏するでしょう。

ペットから移される心配は低いようです。

逆に自分がSARS2に感染した時にペットに移す心配はどうでしょう。

COVID-19に関するより多くの情報が得られるまでは動物との接触を制限することをおすすめします。

可能であれば、家族の誰かに動物の世話をしてもらってください。

COVID-19に感染している場合は、なでる、抱きつく、キスする、舐めらる、食べ物を分け合えるなど、ペットとの接触を避けてください。

病気でもペットの世話が必要な時は、ペットとの接触前後に手を洗い、フェイスマスクをして下さい。

ペットが感染すると言う情報はゼロですが、可能性はゼロではないのではっきりしたことが分かるまでは対策しましょうと言うことですね。

なぜならコロナウィルスはラクダ、ウシ、ネコ、イヌ、コウモリなど様々な動物に共通する大きなファミリーであるため、絶対にかからないとは言えないからです(鍵の形が違うだけ)。

しかし、牛を常食とする人間が、牛のコロナにかかったと言う話は聞いたことがないので、コウモリやラクダは特殊なのかもしれないですね。

因みにハクビシンは猫科ですね。




この記事が良かったと思った方、画面上に出ているSNSボタンで応援していたでけると嬉しいです😆😆😆

今回はCDCの情報を主な参考とし、新型コロナウィルスに関して特集したいと思います。

コロナウィルスの感染源

感染源と書きましたが、そもそもの発生源は何か?に触れたいと思います。

みなさんも動物だということはなんとなく知っていると思います。

CDCのホームページにはこうあります。

SARS-CoV-2ウィルスは、MERS-CoVとSARS-CoVと同じベータコロナウィルスであり、いずれもコウモリを起源としている。

SARS-CoV-2ウィルスとは今回新型ウィルスにつけられた名前です。
このウィルえを起因とした疾患をCOVID-2019と呼びます。(coronavirus disease 2019
簡単に言えばSARS2で、未来の我々は新型コロナとは言わないでSARS2もしくはSARS2019と呼ぶことになると思います。

90%コウモリであるということは他の専門家も言及しています。(NBC

食用(と言っても捕まえたモノだと思います)のコウモリを屠殺した時の血液や尿のついた手で口か鼻を触ったのではないかと推察されています。

コロナウィルスの感染経路

ヒト-ヒト感染と考えられています。
6フィート(約2メートル弱)以内の密接な関係の人。
その人が感染者の場合に咳やくしゃみで生じた飛沫があなたの口や鼻に付着したり肺に吸い込まれることがあります。

つまり、今感染している人は、感染者の飛沫を呼吸器で浴びているわけです。
これを飛沫感染と言いますが、エアロゾル感染も疑われています。
密接な関係で感染する重い飛沫ではなく軽い飛沫は空気の流れによって教室内なら教壇から後ろの席まで届きます。

また、

ウィルスが付着した表面や物体に触れ、目や口、鼻にふれることで感染するケースもありますが、主な感染経路とは考えられていません。

主な感染経路は感染者との密接な接触なのです。

因みに飛沫を可視化した動画を紹介しておきます。


<ライオン公式>
これを見ると低い位置にいるお子さんやお年寄りの方がそもそも飛沫を浴びる可能性が高い言えそうです。

コロナウィルスの潜伏期間

CDCでは現時点で暴露後2日以内~最長14日を潜伏期間としています。

つまりウィルスに感染してから2日でも発症する人がいると考えているようです。
これはMERS-CoVの潜伏期間に基づいています。

コロナウィルスの感染症状

発熱、咳、呼吸困難。

この他に下痢や嘔吐なども言われています。

コロナウィルスの感染予防対策

皆さんこれが一番心配でしょう?

新薬の認証もワクチンもありません!

・病気の人との接触を避ける。

・目や鼻口に触れない。

・病気の時は家にいる。

・咳やくしゃみはティッシュで隠して、そのティッシュをゴミ箱に捨てる。

つまりティッシュとゴミ袋(買い物袋など)を持ち歩きなさいと言うことですね。

触れたモノや表面をアルコール60~95%含有の消毒液で頻繁に消毒しなさい。

マスクの正しい使い方

マスクはつければ良い言う発想はやめましょう。
取り扱いが大事です。
市販のマスクを再使用する人がいますが、使い捨てなので再使用はやめて下さい。


<WHO公式>

ただしい付け方。

金具帯を折り曲げて鼻のブリッジにかけます。
耳の周りにゴムを固定します。
鼻から顎まで隠します。
使用中はマスクの表面には触らないでください!

正しい外し方。

耳の後方から外します。
マスクの票目には触らないで下さい!

正しい捨て方。

はずしたらそのまま蓋のついたゴミ箱に捨ててください!

アルコールや石鹸で水洗などで手を清潔に保ちましょう。
たまたまであってもマスク使用中にマスク表面に触れてしまったら手指衛生を実施したほうが良いです!
もしマスクが湿ったら新しいものと交換しましょう!

ウィルスの大きさは確かにマスク繊維の隙間よりはるかに小さいのでウィルスはマスクを素通りします。

しかしウィルスは通常飛沫に含まれますので、飛沫のブロックは少なくともウィルスが広がる範囲は狭まります。

逆に飛沫核(唾液にくるまれていないウィルスそのもの)が飛んで来た場合には素通りしますが、繊維でストップする可能性もあるので、感染する確率もマスクがあるとないでは違うと思います。

次回もあります!



この記事が良かったと思った方、画面上に出ているSNSボタンで応援していたでけると嬉しいです😆😆😆

どうやら、はやり目が流行の兆しを見せているようです。(2018年5月現在)

国立感染症研究所は、5月13日までの1週間で、流行性角結膜炎(はやり目)の患者数が1医療機関当たり1.17人、20日までの1週間で1.10人となり、過去10年で最多となったことを発表しました。

(引用:weathernews

国立感染症研究所は22日、5月7~13日の1週間で、流行性角結膜炎(はやり目)の患者数が1医療機関当たり1・17人となったと発表した。過去10年間で最多となる。 感染研によると、過去10年では、2015年8月の1・15人が最多だったが、今回、それを上回った。都道府県別でみると、宮崎県3・83人、新潟県3・5人、神奈川県3・15人の順で多い。

(引用:yomi Dr

目のかゆみがなく、酷い目の充血や目やにの症状がある方は感染症の可能性もあるので気をつけてて下さい。

今回は、アデノウィルス について、国立感染研究所と日本眼科学会のサイト記事を中心にまとめました。

スポンサードリンク



アデノウィルス とは?

アデノウィルス って何?

アデノウイルスには51種類の血清型および52型以降の遺伝型(genotype)があり、A~Gの7種に分類される。

全ての型が流行するわけでもなく、型によって感染場所が異なるので、病名が異なることがあります。

インフルエンザも流行型はほぼ決まっていますよね。

有名なアデノウィルス 感染症はプール熱とはやり目ですね。

プール熱とはやり目は検出される型が違います。

ウィルスと細菌の違いは?

大きな違いは、細菌は生物であり、ウィルスは非生物である事です。

細菌は自分で栄養を補給してそれをエネルギーに変えて生きてます。

一方でウィルスは動物の細胞を乗っ取りその細胞の中で、動物の遺伝子を利用して増殖します。

アデノウィルスの潜伏期間と症状は?

アデノウィルスの潜伏期間、プール熱とはやり目の症状

潜伏期間:多くのアデノウイルスは、体内の潜伏期間が5~7日

プール熱の症状

主に3型のアデノウィルス 。

1日の間に39~40度の高熱と、37~38度前後の微熱の間を、上がったり下がったりが4~5日ほど続き、

扁桃腺の腫れ
のどの痛み
頭痛
腹痛
下痢
耳の前および首のリンパ節の腫れ

加えて、結膜炎症状がみられる場合、咽頭結膜熱と診断(プール熱の正式名)される。

Adenoはドングリを意味するギリシア語に由来し「腺」を意味します。

ギリシア人が、腫れたリンパ節を触ってドングリのようだと思ったのでしょう。

プール熱は夏と言うイメージですが、風邪の原因として1年中かかる可能性のあるウィルスです。

はやり目の症状

8型、19型、37型および53型、54型、56型等の新型アデノウイルス。

充血
大量の目やに(起床時に目が開かないほど)
涙目
まぶたのはれ
点状表層角膜炎(目の表面にできる点状のキズ)
かすみ

症状が強くなると、

角膜びらん(目の表面が剥がれる)
眩しさ
かすみ
異物感(目のゴロゴロ)
痛み
まぶたの裏の結膜に偽膜という白い膜ができ、これが眼球の結膜に癒着をおこす(偽膜性結膜炎)

耳の前にあるリンパ節がはれて触ると痛みがあり

咽頭結膜熱のように高い熱はなく、のどの赤みも強くはない。

はやり目の正式名は流行性角結膜炎と言います。

瞼の裏と白目の表面は一連の膜で覆われていて、これを結膜と言います。

なのでコンタクトがずれても眼球の奥に入り込む心配はない、という事をコンタクトのユーザーは知っている方も多いと思います。

はやり目は結膜だけでなく角膜にも症状が出るので、結膜炎ではなく角結膜炎と命名されています。

角膜はレンズそのものなので、キズができたり剥がれたりすると炎症で濁りが出てきて見え方に影響がでます。

アデノウィルスに感染したら外出禁止!

感染した時はどうする?

プール熱もはやり目も学校保健安全法上の学校感染症の一つで、伝染の恐れがなくなるまで登校禁止となっています。

アデノウィルス には特効薬はありません。

人に移さないよう、感染を広げないように保育園や学校、会社は休むのが基本です。

これは最も重要です。

なぜ会社は義務付けられていないのでしょうか?

休むと仕事に影響するからと考えるのかもしれませんが、目が真っ赤、目やにが出る、手で目を触る、こんな人が出勤してきたらどう思います?

嫌ではないですか?

別に嫌ではないと思う方もこれだけは知っておいて下さい。

眼科では流行り目の疑いがある患者さんが来ると院内感染を防ぐ目的で、エレベーターのボタン、椅子、お金など、患者さんが触った可能性のあるものはすべてエタノールなどで消毒します。

学校や保育園、幼稚園を休ませる理由が分かると思います。

会社に行かせるという事は、感染源(別に差別でもなんでもなく)を会社に送り込む許可を与えているのです。

大人の方が子供よりも気をつけると思うかもしれませんが、会社でエタノール消毒していますか?(因みにプール熱は飛沫感染や糞便を介しても感染します。)

しませんよね。

なぜ、毎年インフルエンザに大人もかかるのですか?

注意しても免疫力の問題もあるし、完璧ではないという事なのです。

子供は休ませて、大人は休ませなくて良いという理由など無いのです。

社会全体で認識すべき問題だと思います。

流行り目かもしれないと思ったら外出すべきではありません。

アデノウィルス検査はあるが治療法がない?!

アデノウィルスの診断は?

病院に行くこともほぼ意味がありません。

理由は先ずお話しした通り、病院では感染源として見られるでけです。

そして、病院に行ったとこでアデノウィルスに効く薬はありません。

さらに検査してウィルスが出なかったとしても病院の治療方針は変わらないからです。

最近、アデノウイルスの迅速診断キットが使用できるようになり、診断率は向上しました。しかし、感度は約70%で流行しているウイルスの生物学的特性によって感度の優劣がみられる検査のため、陽性であれば、確実にアデノウイルス結膜炎ですが、陰性であっても、アデノウイルス結膜炎を否定することはできません。

*検査方法は、綿棒を使って上皮細胞を拭って採取してから調べます。

引用:金子眼科

つまり、検査で陰性であっても(アデノウィルス が検出されなかったとしても)可能性が否定できないので、注意すべき点は陽性と同じ感染拡大防止なのです。

ハッキリ言って医療費の無駄なのですが、自己診断するのも難しいと思います。

ある朝、突然、目が真っ赤で白っぽい粘ついた目やに(はやり目の特徴)が大量に出て目が腫れている人はもう外出しない方がいいと思います。

しかし見え方に問題がある人は炎症を抑える為にステロイドを処方される可能性があるので、手を洗ってタオルは1回しか使わないようにし、さらに目を触らない、寄り道をしないで眼科に行くようにして下さい(外出時の注意点)

人から移されたと心当たりがある人は外出しない方がいいし、心当たりが全くなければ外出時時の注意点を守って出かけて下さい。

ケースバイケースですが症状が治るまで7日から14日かかります。(角膜に影響が出るようなケースでは1ヶ月)

1日2日で目やにが出なくなる人は問題ないですし、4日以上続く人(特に酷くなっている人)で眼科に行っていない人はもうその時点で外出しない方がいいと思います。

これは自己判断になるので、どうしても眼科に行きたい人は外出時の注意点を守って下さい。

アデノに感染、家庭で注意することは?

はやり目とプール熱・家庭で気をつける事は?

もし流行り目かなと思ったら

・タオルは家族用のタオルと別にする。

・できればペーパータオルを使う。

・洗顔は出来るだけしない。
(症状のない目にも移る可能性があります。既に感染している可能性はありますが)

・洗顔の代わりに清拭をしましょう。

①先ず手をよく洗って未使用のタオルで手を拭く。(ペーパータオルがあればベストです)

②①のタオルとは違う別の未使用タオルを濡らして絞る。

③症状のない目を拭いて、症状のない側の顔面から吹き症状のある側の顔面を拭きます。最後に症状のある目を拭きます。

・目を触らない、触らせない。

・髪の毛を触らない。(特に前髪の長い方は注意です)

・ドアノブなど触る場所はこまめに消毒する。(消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウムなどが有効)

・お風呂は一番最後に入る。

・バスタオルは必ず毎回洗う。(不潔でないと思っている人が世間にはいるようですが、一回使ったらはっきり言って不潔なのでやめましょう。)

プール熱にかかったら

家では水分補給をし脱水症状に気をつけましょう。

もし、食事が取れるようであれば、流し込めるような食べ物を食べましょう。

手洗いやうがいも推奨されています。

学校や保育園、会社にはいつから行けるの?

学校や保育園、会社にはいつから?

国立感染症研究所では流行り目については伝染の恐れがなくなるまで登校禁止と警告しています。

伝染の恐れがなくなるまでってどのくらいなのでしょう。

眼の症状が良くなっても血清中和抗体が上昇する2週間くらいまでは感染力があるので注意が必要です。感染力が強いため発症から2週間程度は、保育園や学校、仕事を休む必要があります。体は元気なので、2週間も休まなくてはならないことを理解されない方が多く困ってしまう疾患ではあります が、どうかご理解ください。

引用:金子眼科

発症から2週間です。

長いですよね。

長いけですけど、人から移されないためにも、大切な人に移さない為にも必要な時間なのだと理解するしか無いと思います。

プール熱に関しては主要症状がなくなった後、2日間登校禁止と掲載されています。

感染すると大変です。

休むわけにはいかないという方は特に普段から感染予防をしていく事を心がけた方が良いでしょう。

スポンサードリンク



6月28日の主治医が見つかる相談所で放送された血糖値を下げるスペシャルに骨ホルモンが取り上げられました。

今回は謎の骨ホルモンについて簡単に触れたいと思います。

スポンサードリンク



骨ホルモンと血糖値

骨ホルモンが血糖値を下げる?

歯科医の平田雅人先生が日本ではただ一人研究している骨ホルモン。


骨ホルモンのオステオカルシンが作られると膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促す。

インスリンが出るので血糖値が下がる。

簡単に言うとこうなのですが、血糖値が下がるとどこに行くと思います?

血液の中のブドウ糖を血糖と言う訳ですが、この血糖は、

①エネルギーとして使われる。

②細胞にグリコーゲンとして蓄えられる。

③脂肪として蓄えられる。

主にこの3つです。

血糖値を下げると言う事は上記の3つのブドウ糖(グルコース)の使い方があると言う事です。

エネルギーとして使われるためには運動をしなければいけません。

食後に運動をしない人は①は無いことになります。

②はどうかと言うと、筋肉グリコーゲン(脂肪細胞では無い貯蓄してあるグリコーゲン)は数日絶食しても影響を受けません。

週単位で絶食しても中等度減少するだけと言われています。

筋肉グリコーゲンは激しい運動の後に貯蓄が底をついたら補充されます。

つまり、これも運動をしないとグリコーゲンはなくならないわけですから、血糖値を下げた場合③の脂肪細胞に行くしかなくなります。

つまり、骨ホルモンを活性化した場合に運動をしなければ、血液のブドウ糖は脂肪に変わるしか無いのではないかと思ったわけです。

骨ホルモンの働き

骨ホルモンの以外な働き・効果

元読売ジャイアンツの野球選手だった元木大介さんが、以前の血糖値の放送の回で放っておくと危険な糖尿病だと発表されました。

そのこともあって、骨ホルモンを増やす健康法を取り入れて健康を取り戻すと言う実践をされていました。

骨ホルモンを増やす健康法をやるだけではなく、食べ方や食べ物、運動も取り入れた健康法だったので、結局はインスリンを増えにくくする方法を合わせて行っていたので、脂肪は溜まりにくいのではないかと思いました。

つまり、血糖値の上がりにくいことをすでに実践していたわけで、骨ホルモン関係なくない?と思ったのです。

一体どのような研究をしたのか調べたら次のようなことがわかりました。

1、糖尿病のマウスに骨ホルモンを注射する実験を行った。

2、膵臓でインスリンを作っている細胞が増大し、インスリンの分泌量が増えたことを確認。

3、高脂肪・高炭水化物のエサで飼育した、マウスで行った。すると、糖の代謝能力が上がったことに加え、内臓の脂肪細胞が小さくなったのがわかった。

参照:ケンカツ

脂肪細胞も小さくなったと書いてあります。

つまり、血中のブドウ糖は脂肪にも変わっていないというのです。

しかし、1、2と3の違いはエサの違いが書かれていません。

そもそもそのエサが血糖値を急上昇させるのかどうかがわかりません。

これは要注意ですが、実は骨ホルモンには次のような効果もあると言うことなので、以下に記します。

●脳……神経細胞の結合を維持させて、認知・記憶機能を改善する。
●心臓・血管……動脈硬化を防いで、心筋梗塞などの血管性疾患を予防する。
●肝臓……肝細胞の代謝を上げて、肝機能を向上させる。
●腎臓……骨で作られているFGF23というホルモンが、腎機能を改善する。
●小腸……糖などの栄養吸収を促進する。
●精巣……男性ホルモン(テストステロン)の分泌を増加させ、生殖能力を高める。
●皮膚……皮膚組織と同じ種類のコラーゲンが、骨で作られるため、シワの改善に役立つ。

引用:ケンカツ

小腸で糖の吸収が高まりインスリンの分泌が高まれば脂肪として蓄積されるしかないと思います。

脂肪細胞が小さくなると言う矛盾した代謝をどのように説明するのでしょうか?(生化学的な証明がこれから必要でしょうね)。

ブドウ糖がどこに行くのか謎が多いです。

しかし、その他の臓器を見るとアンチエイジングの効果は期待できそうです。

骨ホルモンの増やし方

骨ホルモンを増やす方法(分泌する方法)

骨ホルモンを増やすには「かかと落とし」が良いそうです。

両足で直立の状態でつま先立ちをする、つまりかかとをあげる。

そのままかかとをドスンと落とす。

これを1日30回やればかかとに重力の3倍の力が加わって骨が刺激され骨ホルモンのオステオカルシンが分泌されるそうですよ。


画像引用:ケンカツ

足や骨に異常のある方は注意して下さいね。

この記事が良かったと思った方、SNSボタンで応援していただけると嬉しいです😆😆😆

関連記事



スポンサードリンク



Eva Weilerさんが妊娠20週に入って医師から告げられたのは、生まれてくる赤ちゃんの心臓が病気を抱えていると言うことでした。

それは、左心低形成症候群(HLHS)と呼ばれる先天性の難病でした。

生後手術を受けた赤ちゃんが臍帯血に存在する幹細胞を注射によって移植すると言う初の試みとなる手術を受けた記事を紹介します。

画像と文章引用:CBC NEWS

Children with HLHS typically have three surgeries that allow the developed side of their heart to pump blood to the entire body. But by early adulthood, the heart starts to fail.

HLHSの子供の成長した心臓が血液を全身に送り出せるようにする典型的な三段階の手術がある。しかし、成人を迎える頃までに心臓機能が弱くなり始める。

Doctors at Children's Hospital Los Angeles are trying something new. They're collecting the baby's cord blood at birth to gather stem cells. Then when the child undergoes the second HLHS surgery, "We're going to inject stem cells into the right ventricle," explains Dr. Ram Kumar Subrmanyan.

ロサンゼルス子供病院の医師チームは新たなチャレンジを試みた。彼らは幹細胞を採取するために生誕時の赤ちゃんの臍帯血を収集している。子供が2度目の手術をする際に「我々は右心室に幹細胞を注射することにしている」とRam Kumar Subrmanyan 医師は説明する。

He believes injecting the stem cellsdirectly into the heart will help stimulate muscle growth, making it stronger.

彼は心臓に直接幹細胞注射すれば心筋の成長を刺激し強くするのに役立つと信じている。

"The hope is that this will delay or even prevent heart failure in this subset of patients," Subrmanyan said.

「希望はこの治療を受けた一部の患者の心機能低下を遅らせ、更には予防することです。」

Families taking part in the clinical trial are given free storage for their child's stem cells from birth until they're used in the surgery.

臨床試験に参加している家族には手術で使用されるまで無料で保存された彼らの臍帯血が提供される。

Researchers say so far they're seeing positive results in children who received the injections as part of a clinical trial. The final results are not yet known.

研究者によれば臨床試験の一端として子供が注射を受けたことに今のところ前向きな結果が見られている。最終的な結果はまだ分からない。

Weiler is hopeful it will make a difference for her daughter.

母親のWeilerさんは娘の健康に変化を期待してる。

"I want to give her every possible chance that I can," she said.

「私は彼女に出来るだけ、どんなチャンも与えてあげたい」と彼女は話した。

(引用おわり)

ご存知の方も多いかも知れませんが、心臓には4つの部屋があります。

自分の右手側に2つ、左手側にも2つ。

左心低形成症候群とは簡単に言えば、左側の部屋が形成されない病気です。

心臓は肺から酸素を受け取って全身の細胞に送ります。

全身の細胞から二酸化炭素が心臓に戻ってきます。

画像引用:ウィキペディア

心臓の左側は肺から酸素を受け取り全身に送る役割がある為、左側が機能しないことは致命傷になることは想像がつくかと思います。

国立循環器病研究センターによると、2歳半までに3回の手術をすることが記されています。

この記事の手術に使う万能細胞にはES細胞でもiPS細胞でもなくお母さんと赤ちゃんを繋ぐ臍の緒に含まれる臍帯血が選択されています。

この病気は先天性、つまり赤ちゃんが生まれつき患ってお母さんのお腹から出てくるので、早い段階で診断をつけられれば、臍帯血の確保が有利になります。

さらに、この治療が上手くいけば、赤ちゃんの生存率やその後のQOL(生活の質)が上がることは間違いないでしょう。

因みに、採取された臍帯血の保管先は公的臍帯血バンクと民間臍帯血バンクがあります。

公的な臍帯血は無償で白血病などの血液疾患に提供され、民間のものは赤ちゃんと家族の為に有償で保管ができると言う違いがあるそうです。

民間のステムセル研究所では臍帯血保管者数は5月8日時点で現在43514名います。

この数字は大きのか小さいのか分かりません。
(皆さんはどう思いました?)

でも将来の保険のためにこの技術にかけている想いは同じはず。

その臍帯血がどのように保存され、どのくらい保存できるのかを最後に抜粋しておきます。

細胞にダメージが少ない手法で凍結した後に、超低温(マイナス190℃)の液体窒素タンクで保管します。この状態で半永久的に保管可能であると考えられています。文献的には液体窒素で23年間保管したさい帯血幹細胞の有効性を示すデータが報告されています。

ステムセル研究所

臍帯血に関してもっと詳しく知りたい方は、上記ページ(ステムセル研究所)を散策されてみては如何でしょうか。

この記事が良かったと思った方、画面上ののSNSボタンで応援していただけると嬉しいです😆😆😆

スポンサードリンク



今月アメリカ眼科学会が報じたES細胞を使って失明した患者の視力をとりもどしたと言う記事を紹介します。

iPS細胞とES細胞の違いなどわかりやく解説した記事もありますので、よろしければご覧下さい😄😄

スポンサードリンク



引用:AMERICAN ACADEMY OF OPHTHALMOLOGY

In a small but intriguing study, scientists in England have given blind patients some functional vision, using human embryonic stem cells. Two blind patients regained enough sight to read again after getting stem cell implants in their damaged eyes. One was in her sixties and the other his late eighties.

小さいが興味深い研究では、イギリスの科学者がヒト胚幹細胞を使って失明患者に光を与えている。2人の盲目の患者は損傷した目に幹細胞を移植し再び読書できるまで視力が回復した。1人は女性で60代にもう1人は男性で80代後半だった。

They had a severe form of age-related macular degeneration (AMD) called wet AMD, because of the leaking blood vessels it causes. Wet AMD is less common than the dry form, and dry can sometimes lead to wet.

彼らは血管から液体が漏出する滲出型と呼ばれる重度の加齢黄斑変性(AMD)だった。滲出型AMDは萎縮型ほど多く無いが、萎縮型は時に滲出型へ移行する。

With age-related macular degeneration, many seniors lose the ability to see, bit by bit. Driving may go. Reading may go. The faces of friends and family disappear. Macular degeneration is the most common cause of blindness in the older population. The more severe the condition, the greater the impact.

加齢黄斑変性で、多くの高齢者が徐々に見る能力を失う。運転や読書ができなくなる。友人や家族の顔が消える。黄斑変性は高齢者の失明原因でよく知られている。重度になる程、影響も大きくなる。

There is no cure, so adjusting and making the most of life with less vision is the best approach.

治療法がなく、低い視力を如何に維持するかが一番の課題だ。

The new treatment, though still in the research stage, is a potential breakthrough for people with macular degeneration. The study was published in the journal Nature Biotechnology this year.

新しい治療法は、まだ研究段階だが、黄斑変性の患者にとって打開策の可能性を秘めている。その研究は今年、専門誌ネイチャーバイオテクノロジーで発表された。

"I am encouraged by the study results. It's a step forward," said Jennifer Lim, MD, director of the retina service at the Eye and Ear Infirmary at the University of Illinois in Chicago. Dr. Lim was not involved with the study.

「研究結果に勇気付けられました」シカゴのイリノイ大学眼科医院で網膜専門医局長Jennifer Limは言った。彼女は研究には関わっていなかった。

But Lim cautions that a study with only two people is extremely small, and more research on larger numbers is needed before getting hopes too high

しかしLimは2人の患者では症例が少なすぎる、より高い期待値を得るにはもっと多くの研究が必要だと言う。

"This is a 2-person, uncontrolled study. Further work is needed," Lim said. An uncontrolled study means that there was only one group of patients in the study. The results weren't compared to a second group who did not receive treatment.

「この2人は、*非対照研究です(注:比較実験もできないと言う意味)。より一層の研究が必要です。」とLimは言った。非対照研究とは研究対照に1組の集団しかないと言う意味がある。結果に関して言えば2つ目の治療を受けなかったグループとの比較がなされていなかった。

In age-related macular degeneration, an area in the center of the retina called the macula deteriorates, causing blindness. Deterioration is faster in people with the wet type of the disease.

加齢黄斑変性では黄斑と呼ばれる網膜中心部の状態悪化が原因で失明する。状態悪化は滲出型の人の方が早い。

In the study, stem cell patches were implanted under the dying or atrophied retinas of the two patients. Each patient had one eye implanted. The implanted cells are from a nourishing bottom layer of the retina, called retinal pigment epithelium or RPE.

研究では二の患者の死滅若しくは萎縮した網膜の下に幹細胞片を移植した。2人とも片目の移植だった。移植された細胞は網膜色素上皮(PRE)と呼ばれる栄養を補給する網膜の下の層からだ。

The foreign cells seem to interact naturally with surrounding tissue to create vision.

他人由来の細胞は視力を生み出す為に近くの組織に自然に溶け込んだようだ。

The study was designed to look at patient safety, a first step before testing on larger numbers. So far, there haven't been any untreatable side effects.

この研究はより多くの試験を行う事を前提に患者の安全性を検討して計画された。今のところ治療不可能な副作用は何も無い。

The technique was successful in animal studies before this experiment with humans. The research team is continuing to treat more humans as part of its study.

この技術はヒトでの試みの前に動物研究で成功を収めた。研究チームは研究の一環としてより多くのヒトでの治療を続けている。

"If indeed this new way to replace RPE works, it can avert retinal loss over areas of atrophy," Lim said.

「もし実際にこのRPE置換術が確立すれば萎縮部分全体の網膜損失を防ぐ事が可能です。」とLimは話した。

Currently, surgery and medicines may slow the progression of age-related macular degeneration and improve vision. The sooner you get treated the more potential to help.

現在、手術と投薬が加齢黄斑変性の進行を遅らせ視力を改善しているのかもしれない。早期に治療開始すればその分助かる可能性が増える。

The American Academy of Ophthalmology recommends everyone get a check-up from an ophthalmologist starting at age 40. Anyone experiencing vision changes at any time should see an ophthalmologist right away.

アメリカ眼科学会は40才になった全ての人に眼科医による健診を進めている。どんな時でも視力の変化を感じている人は今すぐ眼科医に診てもらうべきだ。

(引用終わり)

この記事には明らかに盲目の患者(blind patients)と書いてあります。

失明した患者が光を取り戻すのに治療を受けた人と受けなかった人の比較がどうして必要なのか筆者の頭ではよくわりません。

失明した患者が何もしないで視力を取り戻すことは不可能なはずですし、そのような症例報告は聞いた事がありません。

筆者が知らないだけと言う可能性もあると言えばありますが、それは世界中のニュースになるくらい奇跡的な事です。

そんな奇跡的な事がES細胞の移植と言う治療によって起こっています。

視力の回復は明らかに移植のお陰です。

一体なんの目的で対照研究が必要だと言っているのか分かりません。

ES細胞ではiPS細胞と異なり拒絶反応の心配がありますが、それも今のところ、この2人に関しては大丈夫と言う事みたいですね。

このような再生医療を受けたい方に当眼科学会は注意喚起もしています。

幹細胞が知れ渡るようになってから、その幹細胞治療を受けたいと言う声を利用した怪しげなクリニックが「幹細胞治療」と言う名の医学的根拠のない治療を行っていて、それが失明に繋がった人もいる

と言う事です。

網膜疾患に対する再生医療はまだ臨床試験で安全に利用されているだけ

なので、簡単に飛びついたいしないでくださいね。

この記事が良かったと思った方、画面に出ているSNSボタンで応援していただけると嬉しいです😆😆😆

関連記事

スポンサードリンク



健常者の方には知らない人も多いかと思いますが、糖尿病の患者さんの中には自分で指先に針を刺して採血し血糖値の測定をしている人がいます。

関連記事

筆者の亡き祖父は膵臓から血糖を下げるインスリンと言う物質が出ない1型糖尿病を患っていました。

戦後まもなく30歳前後から93歳で亡くなるまでずっと針を刺して血糖測定をし、更にインシュリンの注射をしていました。

インスリンの注射は今でこそ簡単(とは言っても針刺しには違いないの)ですが、いわゆる普通の注射器の針を自分に向けて刺していました。

筆者が物心ついた時には毎日毎食後インスリンの注射をしていたわけですが、その光景は忘れられません。

今回の記事はインスリン注射ではなくて血糖値を測定する為の針刺しが減らせる技術を紹介します。






Many people with diabetes need to prick their finger for a drop of blood up to eight times a day to monitor their glucose levels, an uncomfortable and cumbersome task. It can all add up to tens of thousands of finger pricks over a person's lifetime.

糖尿病患者の多くが血糖値の測定に1日8回指先に針を刺して血液を測定器に滴下する必要がある、不快で面倒な作業だ。その人の人生にとって何万人本もの指に針刺しする可能性もある。

Now, South Korean researchers may have a means of measuring blood sugar without a finger prick in sight: The scientists developed a glucose monitor embedded in a soft contact lens that measures glucose levels in tears and transmits that information wirelessly to a handheld device… and you don't even need to cry.

現在、韓国の研究者には針刺ししない、グルコース測定の方法は目前なのかもしれない。科学者が開発したグルコース監視装置搭載ソフトコンタクトレンズは涙液中グルコース濃度を測定し携帯端末に無線で情報を送る。。泣く必要すらない。

The device has been tested so far only on live rabbits, with no signs of discomfort. But the researchers who created the device predict that this sugar-sensing contact lens may be available commercially for people in less than five years. The device would be placed in one eye and not be used to correct vision, like traditional contact lenses.

装置は今のところ生きたウサギでのみでテストされ、不快な兆候は見られていない。しかし装置の生みの親は糖感知コンタクトレンズは5年以内に商品化するかもしれないと予測する。装置は片目での使用となり、伝統的なコンタクトレンズの様に視力矯正されないだろう。

More than 30 million Americans, or 9.4 percent of the U.S. population, have type 2 diabetes, and another 80 million have prediabetes, a condition that if not treated often leads to type 2 diabetes within five years, according to a 2017 report from the Centers for Disease Control and Prevention. Diabetes is a health concern in South Korea, as well, where the rate rose from 5.6 percent in 2006 to 8 percent in 2013, according to data from the Korean National Health Insurance Service.

糖尿病管理予防センターの2017年の報告では3000万人以上のアメリカ人、もしくは人口の9.4%のアメリカ人が2型糖尿病で、放っておくと5年以内に糖尿病に移行する8000万人の予備軍がいる。韓国でも糖尿病は問題となっていて、韓国国民健康保険サービスのデータによると、2006年の5.6%から2013年には8%へと率が上昇している。

Diabetes is a condition in which the body periodically has levels of blood sugar, or blood glucose, that are higher than normal. The cause might be the pancreas's inability to produce enough insulin to help metabolize the glucose (called type 1 diabetes) or, much more common, the body's inability to use insulin properly (called type 2 diabetes).

糖尿病は定期的に血糖または血中グルコースが正常値より高い濃度を維持する状態の事。グルコースを代謝する為のインスリンを充分に生産する能力が膵臓にない1型糖尿病か、それよりもずっと多いのは適切にインスリンを作用させられない2型糖尿病によって起こる。

In either case, many (but not all) of those with diabetes need to monitor their glucose levels through the course of the day. Prolonged, elevated glucose levels can damage blood vessels and increase the risk of heart disease, stroke, kidney disease, vision problems and nerve problems.

いずれの型にせよ、(すべてではないが)これら糖尿病は一日中グルコース濃度を監視する必要がある。長期間に渡りグルコース濃度が上昇すると、血管を傷つけたり、心疾患や、脳卒中、腎臓疾患、視力障害、神経障害のリスクが出てくる。

Previous attempts to embed glucose monitors into a contact lens had been fraught with difficulties. The electronics were too brittle and the lenses were too rigid, leading to a fragile device that was both uncomfortable and prone to breaking, said lead study author Jang-Ung Park, a professor of engineering at Ulsan National Institute of Science & Technology in South Korea. Elements in these earlier devices blocked vision, too, and would potentially damage the eye, according to the paper.

グルコースモニターをコンタクトレンズに組み込む以前の試みは困難を伴った。電子機器はあまりにも脆くレンズはあまりにも硬かった、結果的に不快で故障しやすい脆い装置だったと、研究筆頭著者で蔚山(ウルサン)科学技術大学校のJang-Ung Park工学部教授が話した。新聞によれば、これらの初期装置の要素が視力を妨げにもなり、目を痛める可能性があったとある。

But advances in materials science and nanotechnology in recent years have enabled Park's team to design flexible, or stretchable, structures and circuits, including an LED display embedded in the lens.

しかし、化学の進歩と近年のテクノロジーはPark率いるチームにLEDディスプレイを含めた柔軟性又は伸縮性のある構造と回路のレンズデザインを可能にさせた。

The resulting product measures glucose levels in real time in natural tear secretions and relays this data through LED display that can emit a non-intrusive light if glucose levels get too high. Or, with the inclusion of a miniature antenna in the lens, information can be transmitted wirelessly.

その結果として製品が涙液成分中のグルコース濃度をリアルタイムで測定し、もしグルコース濃度があまりにも高いと、目に見えない光を発することができるLEDディスプレイを介してこのデータを中継する。若しくは小型アンテナをレンズ仕込むと、無線で情報を送信することも出来る。

"The key difference is the soft lens with stretchable electronics and displays," Park told Live Science. "This soft contact lens is stretchable and can be turned over. So, the LED light can be emitted into the [eye of the] wearer or into the opposite direction, dependent on the wearer's choice."

「主な違いとしてはソフトレンズに伸縮可能な電子機器とディスプレイを搭載したことです。」Parkはライブサイエンスに話した。「このソフトコンタクトレンズは伸縮可能で裏返すことができます。だから、ユーザー次第ではLEDライトは2方向に発することがせきます。」

Glucose monitoring is optional for some people who don't need insulin injections. But everyone who uses insulin to regulate their condition must do finger sticks for blood glucose testing, even if only to calibrate the glucose monitor. This includes the 1.25 million Americans with type 1 diabetes and another approximately 6 million with type 2 diabetes, according the American Diabetes Association (ADA).

グルコースの監視はインスリン注射が必要ない人のために選択できる。インスリンで体調管理する人は全てグルコース検査のため指先からの針刺しは最低限必要だ。アメリカ糖尿病学会(ADA)によると、これはアメリカの125万人の1型糖尿病患者と約6万人の2型糖尿病患者を含めた話だ。

A blood sample from a finger stick is the gold standard for accurate blood glucose measurements. Techniques have been available for years to measure glucose in tears, but measurements tend not to be as accurate for a variety of factors; for example, glucose concentrations can be lower when your eyes are more watery from allergies or crying.

指先から採取した血液サンプルは正確な血中グルコース測定のための黄金律だ。涙液のグルコース測定の技術はここ数年利用されているが、アレルギーで涙目になったり泣いたりなどすると低く測定されてしまうなど、様々な要因によって正確に測定されない傾向がある。

"Tear glucose levels do vary in relation to blood glucose levels, [so] much research still needs to be done to clarify the correlation and how closely tear glucose levels track with blood glucose levels," Matt Petersen, managing director of medical information for the ADA, told Live Science.

「涙液グルコース濃度は血中グルコース濃度に応じて変化しますので、その相関性とこの2つがどうしたら密に連動するかを明らかにする為にはまだ多くの研究が必要です。」ADAの医学情報最高責任者のMatt Peterseはライブサイエンスに言った。

However, the researchers who have created the new lens-based device said that monitoring glucose via tears may serve as a convenient proxy to blood measurements because it is done continually in real time, compensating for sampling inconsistencies.

しかし、新しいレンズベースの装置を生み出した研究者は、涙液グルコースのモニタリングはサンプリングの矛盾を補正しながらリアルタイムで継続して測定されるので血液検査の便利な代用品として役立つかも知れないと話した。

Petersen noted that, while there are challenges in testing tears, the potential to eliminate finger sticks is something that would likely appeal to people with diabetes.

涙液検査には困難があるが、針刺しを減らす可能性は糖尿病の人達へのアピールになり得るものだとPetersenは言った。

The researchers hope that their technique of embedding sensors on soft contact lenses also can be applied to other areas, such as smart devices for drug delivery, augmented reality and even biomarker monitoring via a smartphone.

研究者はソフトコンタクトレンズにセンサーを埋め込む技術が薬剤輸送の為のスマート装置や拡張現実、スマホを使ったバイオマーカーのモニタリングのような技術への応用の可能性も期待している。

(引用終わり)

画像と文章の引用:LIVE SCIENCE

如何でしたか?

考えてみれば確かにそうかも知れませんが、そもそも涙液成分中にグルコースが検出される事をこの記事に出会うまで知りませんでした。

血糖とは血液中のグルコース(ブドウ糖)の事を言いますので、涙糖値の測定と言うことになりますね。

グルコースが検出されるのであれば別にコンタクトレンズをつけなくても涙液を採取すればいいのでは無いかと思ってしまいました。

しかし度々採取しなくても1日中監視出来るのは大変優れた性能だなぁと思います。

何を食べたらどのくらいの時間血糖がどのように変動するのかを連動させて監視する事ができます。

それによって厳密に食べるものと量を制限できます。

一番のメリットは針刺しが無くなる事です。

血糖値測定の代わりとして涙糖値の測定が標準となれば、日本でも何十万人と言う患者さんのQOL(生活の質)が上がる事間違いなしですね。

この記事が良かったと思った方、画面に出ているSNSボタンで応援していただけると嬉しいです😆😆😆

スポンサードリンク