コンテンツへスキップ

ADHDとは何か?

Spread the love

皆さんはADHDってご存知ですか?

shou
注意欠陥多動性障害といわれています。

ADHDを持つお子さんの保護者はすでにご存知かと思いますが、ここでは海外の記事を順次紹介していこうと思います。

きっと手助けとなるヒントがあると思います。

実は坂本龍馬やトーマスエジソンもADHDだったのではないかと言われています。

筆者は普通だと思っている大人も無関係ではないかもしれないと思っています。

という事で、今回はADHD とは何かと言う概要を紹介したいと思います。

スポンサード リンク



引用:Understood

What is ADHD? ADHD is a common disorder that impacts focus, self-control and other skills important in daily life. It’s caused by differences in brain anatomy and wiring, and often runs in families.

ADHDとは何か?ADHDは集中力、自己制御力とその他の日常の大切な能力においてぶつかる、よくある障害です。脳の解剖学的構造と神経の配線の違いによって起こり、しばしば遺伝します。

ADHD is one of the most common conditions in childhood. It impacts how kids function in school and in everyday life. Suspecting or hearing that your child has ADHD (also known as ADD) can raise many questions, even basic questions like “what is ADHD?” You may wonder about symptoms and how to help your child.

ADHDの症状は幼児期には最もありふれたものです。学校や毎日の生活での関わり方に影響を与えます。あなたのお子さんはADHA(ADDとしても知られる)だ、と疑ったり聞かされたりする時、ADHAとは?という基本的な疑問も含めていっぱい疑問が増えるでしょう。症状や子供との関わり方について不思議に思うかもしれません。

Understanding the challenges of ADHD allows you to find the best help possible for your child. This overview can answer many of your questions about ADHD, no matter where you are on your journey. It provides basic information to get you started. But you’ll also find more in-depth information, tips and expert insight.

ADHDの課題をあなたが理解することが、あなたのお子さんにとっては一番の手助けになります。この記事では、あなたがどの段階で悩んでいたとしてもADHDについての多くの疑問に答えることができます。はじめての人のために基本的な情報を提供します。でも、詳しい情報やちょっとしたテクニック、専門家の見解も教えます。

Snapshot: What ADHD Is

概要:ADHDについて

ADHD is a disorder involving a group of key skills known as executive function. Executive function impacts the ability to focus, organize, use working memory, and other executive skills.

ADHDは実行機能として知られる重要な能力グループの障害です。実行機能とは集中する、準備する、記憶を整理して利用する、その他の実行能力のことです。

ADHD is caused by differences in the development of brain anatomy and wiring. It often runs in families. Everyone has symptoms of ADHD at one time or another. But to be diagnosed with ADHD, kids must have far more difficulty with these problems than their peers. Kids with ADHD also have challenges in more than one area—for example, at school, at home and in friendships.

ADHDは脳の解剖学的構造と配線の発達の違いによって起こります。しばしば遺伝します。だれでもある時期にはADHDの症状は現れます。しかし、ADHDと診断されるには、同年代の子と比較してこれらの問題がずっと深刻でないといけません。また、ADHDの子供はいろんな状況で課題があります。例えば、学校、家、友達との人間関係などです。

Estimates of how many children in the U.S. have ADHD range from 5 percent to 11 percent. For a long time, people thought ADHD was something only kids—boys, in particular—had. But research has shown that ADHD symptoms can persist into adulthood in some people, and that women and girls have it as often as men and boys.

アメリカの子供のADHDの割合は5〜11%だと言う見積もりがあります。長年、ADHDは子供だけ、特に男子が時々発症すると思われてきました。ADHDの症状は男性女性に拘らず、大人になっても継続することが研究で明らかになりました。

Kids with ADHD struggle with key areas of executive function that are responsible for focus, impulse control and other skills.

ADHDの子は集中や欲求制御とその他の能力を司る重要な実行機能の分野で苦しんでいます。

Some of the skills kids with ADHD often struggle with include:

例えば以下の様な能力があります。

Working memory

作業記憶(記憶を整理整頓する)

Flexible thinking

柔軟に考える

Managing emotions

感情を抑制する

Self-regulation

自己制御

Organization and planning

準備し計画を立てる

Most kids don’t totally outgrow ADHD, although some symptoms can lessen or disappear as they get older. Even so, there are treatments for ADHD that can help reduce symptoms. And there are supports at school that can make learning easier.

成長しても症状が減ったり現れなくなる人もいますが、殆どの子が成長するとADHDが完全に無くなります。とはいえ、ADHDの症状を抑えるのに役立つ治療はあります。学校での学習が楽になるサポートもあります。

感情の抑制と自己抑制の違いが分かりにくいかもしれません。

同サイトの別のページではManaging emotions(感情の抑制)についてこんな事が書かれています。

Kids with ADHD don’t have different emotions from most of their peers. They feel hurt, anger, sadness, discouragement, laziness and worry just like everyone else does.
What is different for many kids with ADHD is that these feelings seem to be more frequent and intense. They also seem to last longer. And they get in the way of everyday life.

ADHDの子供も殆どの同級生と変わらない感情を持っています。皆さんと同じように傷つき、怒り、落ち込み、だるくなり、心配します。
違いはこれらの感情が頻繁で激しい事です。また、長期に渡り、日常生活の妨げになります。

このような激しい感情を抑える事が困難なのだと言う場合に感情(emotions)をマネージメントするのが困難と言う使い方をしていますね。

一方でSelf-regulation(自己制御)の項目にはこんな事がかかれています。

It allows kids to manage their emotions, behavior and body movement when they’re faced with a situation that’s tough to handle. And it allows them to do that while still staying focused and paying attention.

辛い場面に出くわした時に感情、行動、体の動きを抑える事が出来る能力。集中し続けたり注意する必要がある時にそれが出来る能力。

その激しい感情は集中しないといけない場面で振る舞いや行動にでてしまう。ある場面でのこの一連の流れを言う場合に自分を制御すると言う使い方をしています。

動きを止めないといけない時に止められない。

そんな印象です。

感情がないと行動にはならないのでほぼ同意語のような印象です。

このような感情のコントロールは前頭前野の働きが関係していると言われています。

前頭前野の神経系が十分に発達していないと感情が表に出やすいと言う訳です。

アメリカでは5〜11%の子供がADHDに悩まされているというので、30人編成のクラスで3クラスあれば1人くらいはADHDの子がいると言う計算になりますね。

記者会見で大声で泣きわめく政治家やコンビニのおでんを指でつついたり、冷凍庫に体を入れたりするユーチューバーとか、その結果どうなるかを考えられず感情のまま行動する大人を見ると実はADHDを見逃されて大人になったのではないかと思う事があります。

ADHDへの理解がもっと深まり、ソーシャルスキルのサポート体制がもっと広がるように、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

ADHDの記事は英語圏の方が日本よりも多くシェアされています。

スポンサード リンク




Spread the love