コンテンツへスキップ

ADHDの兆候と症状

Spread the love

今回もADHD(attention deficit /heperactivity disorder: 注意欠陥/多動性障害)についてシェアしたいと思います。

前回紹介したUnderstoodの続きに書かれているADHDの兆候について記載です。

年齢ごとのチェック項目も紹介しますね。

スポンサードリンク



引用:Understood

The main symptoms of ADHD are inattention, impulsivity and hyperactivity. They can look different in different kids, however. And some symptoms may change or even disappear as kids get older.

ADHDの三大症状は注意不足、衝動的、多動性です。どの症状が現れるかは子供によって違います。成長に伴い、症状が変化したり、消える事さえあります。

The stereotype of kids with ADHD is that they’re always in motion, they’re impulsive and hyperactive, and they often have behavior problems at home and at school.

ADHDに対する固定概念は彼らが常に動いていること、衝動的で多動であり、家庭や学校で問題行動をとると言う事です。

But some kids with ADHD never have those symptoms. They may have only problems with inattention. These kids might be identified as having ADHD Inattentive Type. (It may also be referred to as ADD, or ADHD Without Hyperactivity.)

しかし中にはこのような症状が全く無い子供もいるのです。注意不足の問題だけかもしれません。この様な子供たちはADHDの中でも注意欠陥型として認定されるでしょう。ADDとか否多動性ADHDなどと言われることもあります。

ADHD is essentially an issue with executive function. Because of that, kids with ADHD often have trouble:

ADHDの本質的問題は実行機能にあります。そのため、しばしばつぎの様な困難を伴います。

Managing time

時間の管理

Getting and staying organized

整理整頓し維持する

Managing emotions

感情の抑制

Paying attention and remembering things

意識集中して記憶する

Shifting focus from one thing to another

意識の切り替え

Getting started on tasks

作業の開始

Thinking before saying or doing things

考えるより先に言動で表す。

There’s one very confusing sign of ADHD. Kids who lack focus most of the time often can “hyperfocus” or focus very well on tasks or activities they find really interesting.

ADHDには1つ非常に紛らわしい兆候があります。殆どの時間で集中力の欠如を伴う子供が自分の本当に興味がある作業や活動に対しては、しばしば「没頭」もしくは物凄い集中力を見せる事です。

For instance, a child might be able to focus for hours while playing a sport or doing a craft project. Or kids may hyperfocus on video games or a TV show, to the point that they don’t hear their name being called.

例えば、スポーツをしたりモノづくりをする時は何時間も集中する事が出来ます。あるいは、名前を呼ばれても気づかないほど、ゲームやテレビに没頭します。

Focusing on schoolwork can be very hard, however, even when kids know it’s important. This can make it look like ADHD is a “willpower problem,” when in reality it isn’t. There’s a big difference between “won’t” (willpower) and “can’t.” A child’s brain with ADHD has a harder time shifting focus.

子供は学業が重要な事だと分かっているのに勉強に集中出来ません。ADHDは「やる気の問題」の様に見られがちですが現実にはそうで無いのです。「やる気がない」と「やる気があっても出来ない」には大きな違いがあります。ADHDの子供の脳は意識の切り替えがとても難しいのです。

Some kids show symptoms of ADHD in preschool. But for many, there are no clear signs of ADHD until third or fourth grade. Some kids won’t show signs of ADHD until they face the challenges of middle school or high school. This might be because demands on executive function—organizing, planning, managing time—get more intense as kids progress in school.

ADHDの症状が就学前に現れる子がいますが多くの場合3年生か4年生(*日本では2年生か3年生に相当)になるまでその兆候はハッキリとしません。中学、高校の課題に直面するまで兆候が見られない子供もいます。この理由は進級すると度に、組織化、計画性、時間管理などの実行機能に対する需要が高まるせいかもしれません。

Here are some signs you or your child’s teacher might see at different grade levels:

以下、学年ごとにあなたや担任が気づくかもしれない兆候をいくつか挙げます。

この兆候に関しては同サイトの別ページ(Signs of ADHD at Different Ages)に詳しいので、こちらを参照しています。

いくつ当てはまるか、当てはまる項目が無いかチェックしてみて下さい。

Preschool–Grade 2

年中さん、もしくは年長さん

Has trouble getting started on tasks and routines, such as getting dressed or putting away toys.

オモチャを仕舞ったり着替えるなどの作業開始やルーティン(決まりごと)が出来ない

Often ignores directions or delays too much in following directions.

出した指示を無視する又は指示に従うことがあまりにも遅い

Has a harder time sitting still during meals or group activities than other kids her age.

食事中や共同作業の際、周りの同級生よりもジッと座っていられない時がある

Gets up, fidgets or talks when she’s expected to be quiet.

静かにして欲しい時に立ち上がったり、ソワソワしたり話しをする

Has trouble stopping one activity to begin another.

次の作業開始があっても今やっている作業をやめられない

Struggles to slow down enough to do things carefully.

充分に気を配って慎重な行動をするのが苦手

Needs to be reminded a lot to stop and listen.

頻繁に「今はやめて聞く時だよね」と促す必要がある

Has a harder time paying attention than most kids her age.

同世代の子と比較して気を配る事が苦手な時がある

Grabs things without permission.

「貸して」と言わない

Is unable to wait for directions before starting an activity.

「初めていいよ」の合図が待てない

Takes too much time or needs a lot of encouragement to complete routine tasks.

決まりごとを終えるまでにかなりの時間を要する又は、何度も促す必要がある

Has trouble remembering directions.

言われたことを思い出すのに苦戦する

Has trouble recalling facts she learned recently.

最近学習したと言うことを思い出すのに苦戦する

Tends to get very upset or angry over what ought to be minor frustrations.

些細な事で大変取り乱す又は怒る傾向がある

Grades 3–7

3年生〜7年生(*日本では2年生〜6年生に相当)

Has a tough time getting started on tasks, especially when the tasks involve more than one step.

特に作業に複数の段階がある場合、作業開始に苦労する時がある

Is often very restless.

絶えずよく動く

Often fidgets, moves around or makes too much noise when he’s expected to be quiet.

大人しくして欲しい時によくソワソワする、動き回る又は、うるさいなど

Tends to forget what he just heard or read, unless it’s really interesting to him.

聞いたり読んだりしたことが本当に興味があるものでないと忘れる傾向がある

Often rushes through assignments or produces messy work with lots of careless mistakes.

急いで宿題を終わらせたり雑な作品製作で簡単なミスが多い

Often seems to be working below his potential in school or on homework.

しばしば学校や宿題に能力が発揮できないようだ

“Spaces out” a lot or loses focus easily.

よく「上の空」又は簡単に集中力が切れる

Often stops doing chores, homework or other activities without finishing them.

終えていない雑用、課題、その他の活動を途中でやめてしまうことがよくある

Has trouble remembering day-to-day things.

日常の出来事を思い出せない

Tends to forget things like bringing home notes or handing in homework.

宿題の持参や提出を忘れる傾向がある

Struggles to keep track of his stuff.

すべきことを把握する事に苦戦する

Has trouble waiting his turn to join a conversation or activity.

会話や活動において自分の順番が待てない

Worries that he’ll forget what he wants to say unless he says it right away.

今すぐ言わないと忘れるのではないかと不安がある

Has a hard time thinking through the consequences of his actions.

行動の結果をしっかりと考えることが難しい時がある

Often says or does things without considering what might happen as a result.

結果を考えないでする言動がよくある

Works too slowly.

作業があまりにも遅い

Has trouble finishing tasks—such as taking a quiz or writing a book report—within a reasonable period of time.

小テストや読書感想文などのような作業を与えられた適切な時間内で終われない

Teens

10代(13才〜19才)

Has trouble getting organized and setting priorities.

全体を観て組み立てることが苦手で優先順位が分からない

Has a tough time getting started on homework and other assigned tasks.

宿題を含む与えられた課題の作業がなかなか始まらない時がある

“Spaces out” when listening to someone or doing assigned reading.

だれかの話を聞いたり文章の読み取りをする時に「上の空」である

Often needs to re-read information or ask people to repeat what they’ve said because it doesn’t “stick” the first time.

意識を集中していないせいで読み直しをしたり耳を澄ましていないせいでもう一回聞き直したりする必要がある

Has trouble staying focused.

集中が継続しない

Often gets sidetracked from tasks unless she’s doing something that’s especially interesting to her.

特別興味がある事で無い限り作業から脱線することがよくある

Often rushes through assignments or produces messy work with lots of errors.

急いで宿題を終わらせたり雑な作品製作でミスが多い

Often seems to be working well below her potential in school or on homework.

学校や課題で自分の能力が発揮出来ないことが多いようだ

Has trouble remembering information when it’s needed.

必要な情報を思い出すのに苦戦する

Struggles during tests to recall facts she studied and seemed to know the night before.

テスト期間中になると昨日は知っていたような勉強したと言う事実を思い出すのに苦労する

Has trouble remembering day-to-day things.

なかなか日常の出来事を思い出せない

Often forgets to write down assignments or keep track of her stuff.

与えられたことを書き留めることを忘れたり、やるべき事を把握できないことがよくある

Often acts impulsively.

よく衝動的になる

Says or does things without considering what might happen as a result.

結果を考えない言動をする

Often works too slowly.

あまりにも作業が遅すぎることがよくある

Has trouble meeting deadlines for assignments or finishing tests within the allotted time.

課題の期限をも守ったり、決められた時間内にテストを終得るのが苦手。

Is frequently restless or fidgety.

絶えず動いて落ち着きが無い。

Often seems as though she can’t stop talking or fiddling with things in her hand.

まるで話をやめられないのではないか、手の中にあるものを弄って(イジって)いる事をやめられないのではないかと思えることがよくある

While many kids with ADHD rush through assignments, others actually work more slowly than other kids. Slow processing speed is common in kids with ADHD. It can make it harder to complete tasks or explain things as quickly as their peers.

多くのADHDの子供が宿題を急いでする一方で、健常者の子供よりもゆっくりとやる子もいます。処理速度が遅いのはADHDには共通しています。そのことが同級生と同じスピード感で課題を完了したり、物事の説明をしたりを困難にさせるのです。

アメリカと日本は教育システムが違うため学年を対比させることが簡単ではありません。

日本では小・中・高は6年・3年・3年とどこの都道府県も同じですよね。

アメリカでは州とか郡によっても学年が違う様で5・4・3が多く6・2・3とか4・4・4と言う場所もあるようですね。

いずれにしても高卒まで日本とおなじ12年かかる計算です。

しかもややこしい事に日本の4月入学に対し9月入学と早く小学校に入るため高卒でも半年早い計算になります。

又日本では10代と言えば10〜19才を言いますがアメリカの10代(Teens)は13才から19才を言います。

よって13才より前の3年生から7年生とは8才から12才までを言っていると理解して構わないと思います。

日本でADHD関連の記事を読んでいると「空気が読めない」と言う言葉を目にします。

しかし、「空気を読む」と言うのは日本独特の文化のような印象を受けます。

感覚的に近いのは「結果を考えない言動」や「おしゃべりが止まらない」など、とにかく相手が今どう思っているか、この後どう思うかを考えられない自分が夢中になって周りが見えないような言動を「空気を読む」と言うように思います。

そして空気を読めない人は差別的に避けられる傾向にあると思います。

でも実は「結果を考えられない言動」も含めて大人になっても「部屋が片付けられ無い」なども脳の実行機能に問題があるのではないかと思えばもっと若いうちにその子に周りが手を差し伸べてあげることができるのではないでしょうか。

またたとえ大人になって空気が読めなくても避けられたり、つまらない差別を受けなくても良くなるのではないかと思います。

この記事がそんな理解の手助けになれば幸いです。

次回はADADの患者が教える生活上の困難への対処法を紹介する予定です。

スポンサードリンク




Spread the love